嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

長老たちが動きだした

<福田康夫元首相、乾坤一擲の怒り爆発>
PK2017080302100056_size0.jpg
 安倍の先輩である福田康夫元首相が、共同通信の取材で、遂に怒りを爆発させた。「安倍は日本を破滅させる」と決めつけて、即刻退陣を求めた。若い取材記者は、福田の乾坤一擲の、激しい怒りの一言を、正確に理解していなかったかもしれない。「国家破滅」とは、敗戦時の日本のことである。財閥・軍閥の侵略国家へと改編させようとする安倍・日本会議に対して、歴史を直視する福田ゆえの、悪魔に魅入られた安倍への、最も強烈な言葉で、胸の怒りを爆発させたものだ。日本を破滅させる安倍は、それでも内閣改造で生き残ろうとしていることに「断じて許せない」との意でもある。筆者が連日、安倍批判をするのも同じ思いからである。右とか左とか無関係である。日本を愛する日本人であれば、誰でも国家主義の安倍NOである。

山崎拓元副総理もこれに呼応する
4572.jpg
 自民党に多様さがなくなったのは、小選挙区制の弊害という面もあるけど、この人を怒らせたらどういう目に遭うかわからん、と。安倍晋三首相の方針に誰も逆らわなくなったのが最大の原因でしょう。私は「ヒラメ現象」と呼んでいます。
 みんな上を向いて、安倍総理の顔色ばかりをうかがい、自己主張をしなくなった。官僚も同じ。そもそも役人は、知能指数は高いけど、精神構造としては権力従属型です。国家に対する忠誠を誓っているから、安倍総理の考えに迎合する。教育勅語を学校の教材として使用を認めるという動きはその典型です。愛国的なものをファッションのように使い、天皇主権に基づいた教育勅語を子どもに教えるというのは犯罪的行為ですよ。
「自民党は皆、一蓮托生だ」
ただ、村上誠一郎は前から安倍批判を続けている。この人は例外。連帯責任には入らない。
murakami.jpg

さすがに、このままでは自民党は収まらないでしょう。解体再結集することになる。
一方、民進党も同じで、去る者は去り、そして立て直しが始まるものと思われる。村上誠一郎が絡んでいるのでしょうね。
しかし、共にその中心となる人物がいません。
やはり、小沢一郎の力を借りることしか道はないように思える。
自民党の長老達もそうお考えのようで、潰すくらいなら、小沢さんに託したいと思っている様子です。民進党はかなり小沢さんが浸透しているのではないかと思う。小沢嫌いが、今飛び出している。

62036a9a0de680aff16ad51c5e62cf60.jpg
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表は、自民党、民進党の重要閣僚経験者らの「大きな神輿」に担がれて、「総理大臣」の座を射止める
◆〔特別情報1〕
 小沢一郎代表にとって、好ましい政治状況が、急ピッチに生まれつつある。1つは、安倍晋三首相が、「贈収賄容疑」で東京地検特捜部の「捜査対象」になっている。2つ目は、南スーダンの「戦闘」(日報)を隠させて、「武力衝突」とウソ説明を強いた稲田朋美防衛相を「辞任」に負い込み、自ら窮地に追い込まれた。3つは、官房機密費、外交機密費の使い込みで、財政ピンチに立たされた。次に、民進党の蓮舫代表、野田佳彦幹事長が、東京都議会選挙で大敗、民進党支持率も低落したため、揃って「引責辞任」に追い込まれ、解党が必至となっている。小沢一郎代表はいま、自民党、民進党の重要閣僚経験者らによる「大きな神輿」に担がれて、いよいよ「総理大臣」の座を射止めようとしている。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

はたまたオスプレー騒動

沖縄で墜落事故のあった沖縄海兵隊のオスプレーが、今度はオーストラリアでロナルド・レーガンへの着艦時に海に墜落したようです。
20161214200702480.jpg

【シドニー時事】オーストラリア東部クイーンズランド州ロックハンプトンの沖合で5日午後4時(日本時間同日午後3時)ごろ、沖縄駐留の米海兵隊の新型輸送機オスプレイが事故を起こした。豪メディアは墜落と報道。海兵隊によれば、乗員26人のうち3人が行方不明になっており、米軍が捜索を続けている。残る23人は救助された。
fc2blog_20170806173837920.jpg

事故機は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のオスプレイで、米空母「ロナルド・レーガン」に着艦を試み、墜落したとみられる。
 オスプレイは、7月下旬まで豪州で実施された米豪軍事演習「タリスマン・セーバー」に参加するため、派遣されていた。軍事演習には、陸上自衛隊の第1空挺(くうてい)団も参加した。

ということで。またまたおスプレー騒ぎが始まっています。
本当にオスプレーは危険なのでしょうか?

オスプレイの事故率は現時点で、海兵隊型MV-22が10万飛行時間あたりクラスA事故2件弱であり、海兵隊平均事故率約2.5を下回ります。一方で空軍型CV-22が約13件と極端に悪い数字となっています。MV-22とCV-22の違いはCV-22に地形追従レーダーが付いているくらいで、機体構造は殆ど同じです。両者の違いは任務にあり、CV-22は戦闘捜索救難と特殊部隊の輸送任務(特にアフガンで任務をしている)を担う特殊作戦機です。
参考としてCV-22オスプレイと同じ特殊作戦任務を行っていた前任機、MH-53ペイブロウの事故率の表です。事故率は12.34であり、CV-22より少し悪いのです。
CV-22とMV-22の基本構造は同一で、事故率の差異は運用の違いから来るものである以上、同じ運用条件ならば安全性に違いはないのです。
CV-22には地形追跡レーダーが装着されている。その他は差異はありません。
ws000010.jpg
もっとも、図にあるように垂直離陸から水平飛行に移る時に急激に移ると当然、失速して墜落となりやすい。助走路がないのですから当然ですし、普通のヘリにも共通している。片方のエンジンが止まっても、プロペラは両方回る構造になっており、エンジン一つのヘリよりは安全かもしれない。
ddec5cfbfd0ea9ce9d283ec1d1d86d92.jpg
埼玉県上空を飛ぶオスプレー、いつか日本の国土に墜落する日もないわけではありませんが

それでも、何人かはお亡くなりになっているので、米兵さんご苦労様と言いたい。
ということで、いつもの騒動は誤解であることがわかる。機動性のあるオスプレーを沖縄に配備してほしくない中国のスパイの扇動と言われています。







励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

民進党消滅の危機

s_ice_screenshot_20170804-191819.jpg
民進党の細野・元環境大臣は東京都内で記者団に対し、新たな政権政党を作る決意で、離党して新党の結成を目指したいとしたうえで、地元の支持者らに説明し最終的に結論を出す考えを示しました。
民進党の細野・元環境大臣は、自民党に対する批判の受け皿を作る必要があるなどとして4日午後、東京都内でみずからを中心とするグループの議員と会合を開き、今後の対応をめぐって意見を交わしました。

このあと細野氏は記者団に対し「『もう一度、政権交代可能な2大政党制を作りたい』『その一翼を担う政党がどこなのか』ということについて考えに考えたうえで、党を出て新たな政権政党を作る決意で立ち上がりたいと考えている」と述べ、離党して新党の結成を目指したいという考えを明らかにしました。

また細野氏は記者団から、東京都の小池知事が率いる都民ファーストの会と連携する可能性を尋ねられたのに対し「いろんな可能性を探っていきたい」と述べました。
細野氏は去年9月に行われた党の代表選挙で蓮舫代表を支援し、その後の役員人事で代表代行に就任しましたが、ことし4月、憲法改正に消極的な執行部とみずからの考えが異なるとして代表代行を辞任しました。

さて、これに対して
細野グループ10名の国会議員の内、細野氏と離党を表明したものは、今のところいない
民意は自民も民進もいやなので、その他と言うことになる。小池百合子の「国民ファースト」か。
それにしても、暗いね~細野さん。
本当に離党するの?かどうか疑いたくなるような表明です。
びしっと、今後の絵を見せて決めなければ、誰もついてこないのではないだろうか。
thFPZ37RS6.jpg
民進党の有田議員が、嫌味を込めてこう言っている。
「検討ではなく実行されることを望みます。 
いま、民進党では「離党」という決めゼリフが、あまりにも軽く使われています。 
思わせぶりはいちばんよくないと思うからですみんな信念に基づいて行動しましょう
その通りですね。信念が見えない。(政治家じゃないかもしれないね、この人)

さて、本当に「自民も民進もいや」と言う民意の受け皿はどこになるのか?
どんな絵を描いているのか?それに応えた今回の対応だとは思うのだが・・・・
第三次安倍内閣のいちゃもんの声が高くなったところで、野党から、自民党内からも動きが出るのだろう。その時に「国民ファースト」なのか?
誰も友連れできないようじゃ、価値が下がるよ。
14264246_546825985502277_4580386707073827849_n.jpg
「都民ファースト」がそんなに強かったか?投票率を見ればわかる。公明党は学会員だけ、共産党も頑張っているが、いまいち何となく、と言うことで投票へ行かなかった。
th6JG82T0B.jpg
小池百合子も都政を掘っぽりだすわけにも行かず、国民ファーストは時期尚早。
民進党の分裂も、「前原、枝野、細野、玉木」?????無理じゃない。

共産党を労働党とかに名称変更するのが一番手っ取り早いと思うのだが。

さて、そろそろバックで動いている人たちが。表に出てくる時期である。
細野の離党は、民進党の解体を早める効果はある。 
その号砲は第三次安倍内閣の発足である。





励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村