嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

唾棄すべきフジサンケイグループ

産経新聞の実態
kensyou_170814.jpg
最近、この安倍応援団新聞の内幕を検証する『検証 産経新聞報道』(「週刊金曜日」編)という本が発売された。
その中で虚偽やインチキ報道を徹底的に明らかにしているが、面白いのは、匿名ですが、産経OBたちによる座談会で産経新聞社の実情を暴露している。
・社内には本気の右翼思想を持っている人はほとんどいない。
・取締役は「商売右翼」で、業界でどう生き残るしか考えていない。
・新入社員は「朝・毎・読」とNHKを入社試験で落ちた人間がおさまっている。
・コンプレックスが強く、紙面を恥じている人が多い。他紙に比べて給料は圧倒的に少ない。
・結果、数年で他紙や週刊誌に移る。なかでも東京新聞が多いらしい。

fijittv_02_150914-thumb-autox210-2875.jpg
産経新聞はフジテレビから陰に陽に資金援助をしてもらって、何とかやっている状況で、フジに切られれば瞬間的に終わるそうです。フジも相当苦しそうだから、麻薬資金が切れたところで、いずれそうなるでしょうね。若者が逃げ出すのは当然です。フジの手先機関ですからね。
「フジサンケイグループの社内風土や空気は、恐ろしいといえば恐ろしいです。普通の人が志や思想とは関係なく、「ド右翼」「権力の走狗」という風になってしまうわけですから。そうじゃない人は他社に移るか、私のように辞めさせられるかのどちらかです」
seiron_161221.jpg
国の優遇を受けて、政権の広報部として、他のマスコミの足を引っ張り、報道圧力を応援する記事を濫造していることは、日本の民主主義にとって害そのものである。
日本の暗部・恥部の一部であるフジサンケイグループはお国に帰ってほしい。

早く消えてほしい、それは、そう遠くないことであると確信している。
読売も同じですよ。タダで新聞を配っている読売新聞を見ると、そこまで醜くなれるかと思う。ここも麻薬資金が途絶えれば、終わる。その日は近いです。



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村



フルフォードレポート英語版(8/15)

米国の北朝鮮への脅しは破産交渉と世界再起動に繋がった

世界の出来事はこの夏、待機状態の陥りましたが、我々にその気があれば大きなパラダイムシフトはこの秋に可能です。
待機状態は以下の通りです。

今年5月1日に債務不履行に陥った米国株式会社は債権者との交渉の戦術として北朝鮮戦争を脅している。その主要債権者は中国であり、一方的に攻撃された場合、北朝鮮を守る約束をして株式会社のはったりに挑戦している。同時に中国はインドとの国境で限定的な軍事行動を繰り広げており、アメリカに戦争になれば数か月のうちに13億人の国を引き継げる技術的能力を持っていることを思い起こさせている。
中国はまた、彼らが最初に攻撃をした場合は北朝鮮を守らないと言っている。同時に、ロシアと国防総省はイスラエルに、彼らの潜水艦の一つから核ミサイルを発射して、北朝鮮がやったように見せようとしたら攻撃を受けると伝えていると、国防総省とロシアFSBの情報源は言っている。これはハザールマフィアが第三次世界大戦を始めようとする企みを効果的に追い込んでいる。彼らはもはや我々を戦争開始で惑わすことはない。

いずれにしても米軍は中国との戦争を含む無数のシナリオを実行しており、結果は常に同じであり、人類の90%が死亡し、北半球は住むことができなくなる。中国はこれについて十分分かっている。そのことはこの戦争の話全てはテーブルのたたき合いに過ぎない。従って状況は膠着しているように見える。

しかし、それは手詰まりではない。戦争の話が進んでいないことに気付いているトランプ政権のハザール派は今、中国の米国への輸入を遮断することを検討している。これは、米情報機関のサークルで聞いた古い「我々が買わなければ、彼らは死ぬだけだ」という話である。しかし、中国の視点では、過去40年間クレディットカードで支払いしてきた顧客を失い、そのクレディットカードの支払いを受けることができなくなることは、実際にはプラスになるだろう。死者から、特に米国のように241年間のうち220年も戦争を続けていた犯罪的死者から恩恵を受け取れる人はいない。

アメリカが関税や貿易障壁を使って中国の輸入を止め、中国の対米貿易黒字を止めようとすれば、米国にとって非常に悪い三次元的結果となるだろう。基本的にいえば、米国は生活水準の急激な低下に苦しんでおり、そのようなことをしようとすれば世界貿易の障害となるだろう。

米国の政権は、世界中での反社会的行動の結果、信用と同盟者を多く失った。この兆候としては、イタリアのジャンク債権の方が米国財務省債権より高くなっている

http://www.zerohedge.com/news/2017-08-10/italian-junk-bonds-yield-less-treasurys-insanity-bond-market-4-charts

これをちゃんと頭に入れておいてください、第二次世界大戦以降、米財務省債券は世界で最も安全な債券と考えられてきたが、今は市場は、破産国家イタリアの民間企業が発行するジャンク債よりリスクが大きいと判断している。

今は、英国の金融当局は間接的に、米企業政府が彼らの自身の負債を買い、それを外国(ベルギーやアイルランド等)が行ったように見せ、それで米金融市場でよく見えるようにする戦術を暴露した。彼らは、103年前、第一次世界大戦用の英国債券をほとんど誰も買わなかった時、債権は申込以上に売れたと国民にウソをついたファイナンシャルタイムズによる報道で間接的にこれを行った。

http://www.zerohedge.com/news/2017-08-08/none-it-was-true-103-years-later-ft-admits-it-lied-and-colluded-bank-england

私が民間メディアの金融ジャーナリストであった時、私の上司は市場心理を高めるためにこの種の嘘を支持するよう言われた。つまり、我々は客観的な報道記者ではなく、チアリーダーになるように言われた。

今は、米国の民間メディアで働く人々は、彼らの上司の課題を暴露すると職を失うリスクが高まっている。例えば、NBCのブライアン・ウィリアムは「我々の仕事は北朝鮮に関して人々に死の恐怖を与えることである」とゴールデンタイムの放送で認めた。

http://www.zerohedge.com/news/2017-08-09/nbcs-brian-williams-our-job-scare-people-death-over-north-korea

その恐怖を引き起こすことの目的は、投資家に米債券は安全な避難場所であると勧めることであったが、しかし、それは上手く行っていない。

代わりに、計画は米国内のハザール暴徒支配のすべての痕跡を取り除くことをして残っている。「トランプは、漏えい者とポール・ライアンの同盟者レンス・プリーバスを解雇した後に、ワシントンDCの沼地に全面的に戦争を仕掛ける準備ができていると、国防総省情報筋はいう。

沼地は悪魔崇拝はザール人の排除が行われている兆候は多くあると、その情報筋は言う。クリントンやジョン・マケインのような上級はザール頭領はすでに排除されているので、下位の職員が解雇されている。たとえば、イスラエルの娼婦国連大使のニッキ・ヘンリーの二人の側近は解雇され、次は彼女だと、その情報筋は言う。他には、ジョン・ケリー海軍将軍がホワイトハウスの参謀議長に就任したので、「イランの鷹であるペトロイアスの同士デレック・ハーベイは国家安全保障会議を解雇されたと、国防総省情報筋は言う。さらに、NSC情報局長のモサドのエザラ・コーエン・バンタニックは、ケリーが国家保障上のリスクとイラン取引の反対を引き取った後に、解雇されたと、その情報源は言う。イスラエルへ旅行したり、その不正国家とつながりを持つすべての職員もまた解雇されるだろうと、彼らは言う。

エズラと彼の家族は以前はトランプの義理の息子の所為で首にはできなかったと、その情報源は言う。クシュナー自身は、彼の秘密事項扱い許可をケリーによって封印されるかもしれないと、彼らは付け加えた。クシュナーは中東のダチョウ追跡に送られており、調停者としての彼の無能さを示していると、その情報源は言う。

ハザール支配を置き換えるために、国防総省、ロシアと中国は3台同盟を構築していると、すべての3か国の関係者が認める。

これは、ロシアがその国の石油産業に大きな関与を与えられたので、事実上ロシアの保護領となったベネズエラにおいてみられる。これは米軍のうなずきなくしては起こりえなかった。言い換えれば、北朝鮮で戦争を始めると言うハザール人の計画と同様にベネズエラとの戦争を始める彼らの計画は止められた。

3大国は朝鮮半島の平和も推進しており、10兆ドル以上の北朝鮮の鉱物資源を利用できるように南北朝鮮の鉄道網を整備しようとしていると、その情報源は言う。

また、アフガンの戦いを終わらせるために強力な圧力を掛けており、その国の鉱物資源を人々の生活向上に使える可能性がある。

また、カナダと北朝鮮の間でも高レベルの交渉が進められていると、カナダ政府情報筋は言う。北朝鮮は、アジアの秘密結社が米企業政府のLBOに融資を提供すると伝えていると、交渉に近い情報源は言う。米軍と諜報機関のホワイトハットは、担当する権限ある民主政府と共に統一北アメリカの意見を支持している。

最後の原稿では、多くのグループが8月21日の日食時に大衆瞑想を呼び掛けている。現在進行中の複合戦争は、本当は人類が将来何をするかと決める心理的プロセスを誰が支配するかであり、前向きなグループは会議が現実の助けになるかもしれないと考えている。瞑想を実践するためにはヒンズー教徒や仏教徒である必要はない。人々は、どんな惑星に住みたいか、あるいはその実現にあたり各自が何を貢献できるかを創造する時間が持てる。
今までは、我々の惑星は恐怖や戦争の魔法使いによって運営されていた。彼らはイスラム教徒、共産主義者、アルカイダ、ロシア人、ISIS、中国人、北朝鮮等を恐れて戦わなければならないと言って、我々を操作してきた。

それでも我々は互いに助け合える方法がこの惑星を楽園に変えると言う考えに基づいた前向きな展望へ移行して行く準備をしている。米国株式会社に対する9月30日の支払期限がやってくるこの秋に、それを成し遂げられる。DCの沼を排水し、P2フリーメーソン黒い太陽崇拝大君を追い回す時間です。夏の最後の週は十分に休み、忙しい秋に準備してください。我々が始めたことを終わらせましょう。

-------------------------------------------------------
北朝鮮騒動は米国株式会社と債権者中国との交渉の脅しとしてやっている。トランプではない。
米企業政府は自分の債権を自身で買って、うまくいっているように見せかけている。
国防総省とロシアと中国はしっかり連携している。
アフガンの鉱物資源の話より麻薬利権の方がはるかに大きいと思うのですが。
もう何年も9月30日には倒産すると聞いているが、今も生きている。フルフォードさんは自分の話は3年早いと言い訳するので、今年は大丈夫ですね。最後ですよ。
北朝鮮の実態は、本当のところはどうなのだろうか。CIAの自作自演だと思っている。ミサイルも実際は飛んでいないと思っている。日本も相同に加担している・・・・・

なにより、トランプのDC進撃に期待する。それで終わる。全てが終わる。



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


みんな逃げだすよ

【加計獣医学部】 設計図流出「建設補助金・水増し請求詐欺事件」に発展か
2017年8月13日 21:07

来年4月の開学を目指し急ピッチで建設が進む加計学園・獣医学部キャンパス。=今治市いこいの丘 撮影:筆者=


 文科省の大学設置審が認可の判断を保留した加計学園岡山理科大学・獣医学部。ここに来て建設補助金の水増し請求を立証する資料が流出した。獣医学部棟の設計図である。
 田中は工事関係者の はからい で設計図を つぶさに 見た。タイトルは「岡山理科大学 獣医学部 今治キャンパス 新築工事及び周辺工事」。加計学園のファミリー企業であるSID創研と大建設計が平成29年3月に作成した。
 鉄骨1本に至るまで指示した設計図は、膨大かつ緻密な書面であった。建築専門家に時間をかけて見てもらった。
 建築専門家は「坪80万円、高くても100万円」と分析する。ところが加計学園の見積もりによると坪単価は約150万円。(総坪数9,857坪)
 建築専門家の見積もりが正しければ坪当たり50〜70万円の水増し請求となる。水増しは総額で約49億〜68億円に上ることになる

今治市による「土地の無償譲渡」と「建設費の補助金提供」の差し止めを求めて、住民たちが監査請求をした。=6月12日、今治市監査委員会 撮影:筆者=


 森友学園の籠池理事長夫妻は小学校建設にあたって、国土交通省の補助金5,644万円を詐取したとして逮捕された。
 加計学園獣医学部の32億〜45億円と比べれば実に可愛いものである。(建築専門家の見積もりが正しい場合)
 今治市と愛媛県は建設費192億円のうち半分にあたる96億円を負担する
 税金として搾り取られることになる住民が設計図と見積書を出すよう求めても、行政は「審査中なので公開できない」と言って拒んできた
 いくらでも水増し請求ができる構造だ。私学建設をめぐるブラックボックスともいえる。そこに文教族の政治家と建設業者が蜜を求めて群がった。 
 設計図の流出は不正にメスを入れる絶好の機会となるだろう。安倍一強が揺らぎ始めた今、捜査当局の奮起を期待する。
  〜終わり~
---------------------------------------------------------
総理と一緒だから大丈夫、みんなで渡れば怖くない。
そうは行きそうもなくなったので、ボロボロと嘘の城が崩れだしている。
みなさん、アリバイ証明つくり、逃げ出す用意をしているようだ。
気づいたら、安倍も逃げて、今治市だけが取り残されそうである。
目覚めよ、覚悟の時だ。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村