嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

博文のウソはすぐばれる

200万円で100枚のパーティー券を購入した、との記載があることがわかった。

博文


FNNが入手した下村氏の事務所の内部文書とみられる「2013年博友会パーティー入金状況」と記された文書には、加計学園があわせて200万円で、100枚のパーティー券を購入したとの記載があった
博文2

文書によると、2013年の9月27日に、加計学園が100万円の献金をし、パーティー券を50枚購入、翌年2014年の10月10日にも、同様の記載がある。

博文3

これらの献金について、下村氏は29日の記者会見で、11の個人や企業が、それぞれ報告書への記載義務のない20万円以下で購入したものを、加計学園の秘書室長がまとめて持参したもので、違法性はないとの認識を示した
hakubunn1.jpg

また、「報告書」と題された文書には、2014年4月、秘書室長から下村事務所に対して、「岡山理科大学の設置申請の件で、文科省に何度も連絡をしたのですが、込み合っているとの理由で取り合っていただけません」、「何とぞ面会させていただけないでしょうか」などと申し入れがあったことが記されていて、獣医学部新設をめぐる「陳情」だったとみられる。
博文4

昨日の会見は全くのウソ。
それにしても堂々と、法律違反の証拠を残したものだ。絶対に起訴されないと言う自信があったのだろう。これは、アウト!
もう、あなたたちのバックはいなくなったことに目を覚ましなさいよ。

あんたのボスたちも
麻生副総理兼財務相は1日、東京都世田谷区で行われた都議選の応援演説で、「マスコミの人は言っているだけだ。責任は何も取らない」と述べるなど、独自のメディア批判を展開した。
 麻生氏は「しかも(マスコミ報道の)内容はかなりの部分が間違っている。書かれている本人だからよく分かる。こんなものにお金まで払って読むか」と発言。

自民党の二階幹事長は30日、東京都国分寺市で行った都議選の応援演説で、「言葉一つ間違えたら、すぐいろんな話になる。私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ」と述べた。

あれ?今までとは違う。文春も、あのフジまでもが裏切りです。理由は簡単、裏金(麻薬資金)が流れなくなったのです。もうのんきにしてられないよ!
7fb0d987fea821cd4a629959a358fe41.jpg637f3813b8428caee57f06ed2ae89b17.jpg


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

辞めろコールに籠池さん100万円

自民党総裁、最初で最後の街頭演説です。


違法献金疑惑の下村博文都連会長は親分が登場とあって、出ざるを得なかったのでしょう・・・・
DDocbRbUAAAKAsJ.jpg


安倍辞めろコールは全く鳴りやまず。
DDoewwWV0AEQwNq.jpg

帰れれコールを受けて、顔がこわばる。
DDojlG1VYAAMIdr.jpg
安倍総理が演説。「いよいよ最終日であります」「厳しい闘いであります」「自民党しっかりしろと言われます」「負けるわけにはいかないんです」と演説するも、大きな「帰れ」コールにかき消されつつある。
DDomJz0V0AEyeFb.jpg
イライラがつのり、ついに発言した。
帰れ」コールは「安倍辞めろ」の大合唱に。安倍総理は早口で何かを喋り続けるも、ほぼ聞き取れず。「安倍辞めろ」コールが沸き起こる安倍総理の正面には目線を向けず、ついに安倍総理、「あのように、演説を邪魔する行為を…」と苛立ちを露わに。
DDonuvgV0AAGMIC.jpg

自民党ののぼりが横断幕を隠そうと必死。
DDojvx6VYAAOsfO.jpg

色々な反対が示された。
DDpDJ0hUwAEw5mY.jpg

「100万円をお返ししないと・・・・」やっぱり来てくれました。
DDoeC_9VoAA67ie.jpg



もうくちゃくちゃ、ここの候補は災難でしたね。まぁ、自民党もあなたでは勝てないと、党首が街頭演説しないのでは、後々党首として演説しなかったじゃ困るので犠牲になっていただきました。同情票が集まるかもね。

ところで、博文よ、お前のウソは聞き飽きたが、今回も全面否定のそばから、加計学園からの寄付の帳簿が出てきました。誰がが狙い撃ちでやってるね、逃げれないよ。

<p>励みになります、こちらへもよろしく</p>
<p><a href="//politics.blogmura.com/international/ranking.html"><img width="88" height="31" alt="にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ" src="//politics.blogmura.com/international/img/international88_31.gif?dummy=1497125858228" border="0"></a><br>
<a href="//politics.blogmura.com/international/ranking.html">にほんブログ村</a></p>



 

仏敵同舟

公明党と共産党
都議選で両党が共同歩調を取っています。
田中龍作ジャーナルより
b88c4594d12e3c6fa376a7bcdc817f4d.jpg
かつての仏敵と政敵が共闘する。元公明党副委員長の二見伸明氏がきょう初めて、共産党の街宣車に乗った。
 東京都議選で文京区(定数2)から立っている候補を応援するためだ。街宣車には仏敵のリーダー志位和夫委員長も乗った。
 二見氏は古巣の公明党が、自民党の補完勢力と化していることに、かねてから警鐘を鳴らしてきた。野党共闘のイベントで熱弁を振るう姿が目に焼き付いている人は少なくないはずだ。
 公明党は国会を重ねるごとに自民党と一体化していく。二見氏は居ても立ってもいられなくて、野党共闘候補の応援に駆け付けたのである。
 二見氏は街宣車に上る前、田中に話した。「良識ある公明党員は目を覚ませ」「共謀罪審議の中間報告は(山口)委員長が体を張ってでも止めるべきだった」と。
 元公明党副委員長はマイクを握り、歩道を埋めた共産党支持者に語りかけた。
 「公明党は自公連立だから(公明党が立候補していない文京区では)自民党に(票が)行くと思うでしょ? ところがそうとは限りませんよ」
 「皆さんのご近所に公明党員がおられると思いますが、伝えて下さい。自民党に(票を)入れるということは自分たちの生活をダメにすることですよ、と」
 続いて二見氏は朝日新聞(22日付け)に掲載された「読者のオピニオン」を読み上げた。意見を寄せたのは元創価学会副会長の碓井昭雄氏だという。
 「安倍首相の政治姿勢にどこか下卑た、厚顔無恥の気味があると感じてきた…(中略)公明党は本来、大衆のため、正義のため、平和のために行動する党だったはずだ
 「与党の利益のために理想を放棄し、初心を失うようではならない。安倍首相と一蓮托生で行くのか、大衆の側に戻るのか。公明党よ、どこへ行く?」
 二見氏は明日も共産党の街宣車に乗り、野党共闘候補を応援する。中野駅前で午後3時からだ。
9ef19bd0af28ac00fadc525a7b62c2e4.jpg

都議選】候補取り下げた共産党が移転反対派を応援 「築地には右も左もない」
2017年6月27日 17:28  田中ジャーナルより抜粋転載
994d57b417eebc939420d13782d05df9.jpg
ターレー(卸荷・運搬車両)に乗った業者と握手する小池書記局長。築地ならではの光景だ。=27日午前 波除神社前 撮影:筆者=

 共産党が一貫して豊洲への移転反対を掲げてきたからだ。今回の都議選で共産党は自らの候補者を下げて、森山たかし候補(無所属)の支持に回る。
 
 前々回(09年)の都議選で仲卸の旦那たちは、豊洲移転を強力に進める自民党都連のドン・内田茂氏の落選運動を展開したほどだ。
 運動は効を奏し内田氏は見事に落選した。自民党が自民党を落としたのである。
 
 自らの候補者を立てなかった理由については「築地を守るという一点で候補者を下げた」と説明した。
aaacaf22adef44379283329f0ceb87cd.jpg
小池書記局長は森山たかし候補(無所属)のノボリ旗を背に応援演説した。=27日午前 築地波除神社前 撮影:筆者=
 小池知事は選挙目当てで築地を弄んできた。都知事選では「移転凍結」と言い、都議会選挙では「築地に市場機能を残す」と ぶちあげた。都民は明らかなウソに二度までもダマされるのだろうか?

 都議選で森山陣営を懸命に応援するのは魚河岸の旦那衆と共産党系の労働組合員だ。
 守るべきものは守る。築地と辺野古には、右も左もないのである。

-------------------------------------------------------
元公明党の二見さん、共産党の志位さんには、あとで国民栄誉賞を差し上げたい。
『呉越同舟』と言うと語弊があるかもしれない、誤解されるかもしれない。
呉越同舟の本当の意味は、孫氏の兵法にもあるように
「宿敵同士でも、乗り合わせた舟が
大嵐に合えば、協力することになる」
と書かれているそうである。
つまり
・人を動かすには、動かないといけない状況をつくる
・仲の悪いもの同士を協力させるには共通の目的を持たす

と言う意味になる。
対立するばかりの人たちに
共通の目的を持たすことで協力させる

と言うことを仕掛けたのが、このお二人である。


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村