嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

大富豪から金を略奪、結構なことである

板垣ブログの無料部分
◆〔特別情報1〕
 「人を裏切るのを何とも思わない人でなし」の安倍晋三首相が、日米同盟関係にあるトランプ大統領を裏切り、何の相談もなく出し抜いて、北朝鮮(金正恩党委員長)と先に国交回復しようといろいろと画策をしているという極秘情報を米CIAに掴まれて、トランプ大統領から大目玉を食らい、4~5日前にストップをかけられた。このため、「桜を見る会」問題で公職選挙法違反(有権者買収)容疑と政治資金規正法違反容疑で低下気味の内閣支持率を上げるための目玉がなくなり、大きく当てが外れた安倍晋三首相は、「ガックリ」している。そればかりか、政権内部はもちろん自民党内は、テンヤワンヤの大騒ぎだという。もう実際、安倍政権は八方塞がりのため、「桜を見る会」から国民有権者の耳目を反らし、とにかく人気取りをしなければならない。「衆院解散・総選挙を打てるかは、微妙だが、今のままでは、できないだろう。そうなると、時間稼ぎのための災害のスイッチを押す時間だ」という恐ろしい策略まで、取り沙汰され始めている。これは、自民党内の動きに詳しい専門家が、モンゴルの元大統領補佐官N氏らから得たトップ情報である。以下は、そのN氏の話である。

なりふりかまわぬあへと必死のトランプの戦い。アへは勝てない。
また、地震だそうであるが、だれがその権力を握っているのだろうか???CIA???

秘密情報とやらは
トランプは今はまず、いわゆる世界中の大富豪の連中を捕らえて財産を没収すると息巻いている。米国はカネがなくて、ヨーロッパも中国もダメでどこもかもカネかない。そうなったら金持ちからカネを取ろうということになったようで、「理由を付けて没収し、全世界の民に配る」とまで言ったらしい。早速着手し、どんどん没収しているという。となると、このままいったら倒産(デフォルト)するという危機感を持ったプーチン大統領と米国のロシア連合とヨーロッパ連合が手を組むのではないか。しかし、安倍晋三首相はそこに加わることは出来ないだろう。

大富豪とは誰かだが、クリントン一派と共同した富豪であれば日本などが取り上げられた金を取り返すべきである。孫だとか竹中などもその対象だ。中曽根もそうだった。その死は・・・・
震えあがっている人々がいるのではないか、あへも。
プーチンがとか安倍がとかというレベルの話とは違うと思うが??その辺が論旨がいつもおかしい人である。


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

藤原直哉「日本が動けば世界が変わる」

藤原直哉「世界が動けば日本が変わる」

音声再生

よく歴史を勉強している。論旨明快です。

藤原直哉「世界が動けば日本が動く」

・日本はその時が来ないと事が変わらない
・形ができないと変わらない
・体制が変わらないが民衆レベルでは変わってきている
・民の政治に代わって行くはず

・バブル崩壊も革命が起こってもいいはずなのに
 「ゆっくりボイラーを冷やす」で進む
・しかし、最後は外圧で大きく変わる
・「世界が動けば日本が変わる」
・トランプ革命が進み日本にも進行してきた
・トランプの貿易戦争で日本経済が大変

・農産物は価格下落で世界中大変
・油も価格下落が著しい
・米も輸入を止めるしかない⇒米に輸出していた国は大変
・「交渉すれば買うんじゃないか」と中国・日本は思っているが、絶対に買わない。
・産業恐慌から金融恐慌が始まっている
・大量の失業者が出てくる⇒生活恐慌

・国民が食えなくなると、政治が崩れる
・「不景気、物価が上がる(増税も)、不動産価格」は低所得者層が「怒り出す、取付騒動」

・米の香港民主化法案は中国は困る
・中国共産党、日本自民党、米民主党には賢い人間がいない
・独裁政権には賢い人間がいない。中国共産党がいい例。

・独裁政権の末路は終わる
・国民同士を殺させて、上層部が安泰させる⇒文化大革命
・習近平も同じことを考えているのでは
・英がEU離脱⇒EU崩壊(形だけが残っているだけ)

・日本もいよいよ動く⇒明治維新
・決着は着いている⇒ボトムアップ型
・洪水と一緒「早めに逃げる」「自ら動け」


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村



藤原直哉「中国の実態があらわに」

藤原直哉「中国の実態があらわに」

音声再生

「中国の実態が露わに」

・トランプ大統領「中国の習近平が香港に100万人の軍隊を投入しようとしていた。自分が止めた。止めなければ香港は14分で壊滅させられただろう」
・中国は何事も武力で解決しようとする市政が顕著であることを世界に示した。
・中国のスパイの裏切りが顕著。
・オーストラリアの中国スパイが寝返った。
・「新疆ウィグルの弾圧は本当である」と暴露。
・新疆ウィグルの責任は習近平が逃げるのを防止するためだと言っている。
・世界のいくつかの新聞社に出たように、中国政府の機密文書を公開
・中国政府がウィグル人を組織的に弾圧していることが明らかになった。
・この弾圧は習金平がやっている
・米議会「香港人権民主主義法案」が全会一致で可決
 ⇒米は徹底的にやろうとしている
・米政権は香港問題があるので通商合意はできないかもしれない
・中国は本音を言うと捕まるので中国人は言えない
・香港問題は学生側の圧勝
・香港人は経済だけではなく政治も言えるようになった
・中国では「党や国と違うことは言えない」相当おびえて暮らしている
・中国語と言う壁の中で閉じ篭ってきた
・中国の経済問題が悪化すると火がついてくる
・中国は13億の人民をどうやって食わせるかが重大な問題
・共産党はどうやってやってきたか
 ⇒中国から金を吸い取っていたのがクリントン一派
・トランプが怒っているのは、中国と民主党が米国を破壊しに来ている
・裏に米民主党がいて、矛盾を先送りしてやってきた
 だから不景気がなかったが、この付けが溜まっている
・イギリス、アメリカ、ユダヤ人は世界の運営を常に考えている。根本的に発想が違う。
・あらゆる中国の矛盾が表に出てくる
・共産党に莫大な投資をやってきた(民主党が金をつぎ込んだ)
・これをトランプが止めた⇒金はない
・世界中不景気なので、中国の復活も難しい
・国民が不満を爆発させる
・当面、食つなぐことが必要である
・民がどうやって生きてゆくかを政治が作らなければならない
・強烈な不景気と金融危機が中国を襲う

・中国の発展が止まった⇒中国に乗れない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
習近平は米民主党の甘言にのって中国の世界制覇を夢見てしまった。
それをトランプが止めようとしている。
習近平は共産党とくっつき、ほかの政治家からは見放されている。
あせる習近平、さてどうでるのか?どっかの国も同じです。
フルフォードさんでは無理です。中国べったりですから。


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村