嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

フルフォードレポート(4/15)

破産と崩壊が数学的に確実であるので、米政治体制は衰弱し空虚な脅しに退化するなどワシントンDCは破産が近づいて、政治的狂気に苦しんでいる。「ロンドンシティはもはや徒党の金融センターではなくなったのは、3月29日のブレディクトが行われたからであると、英情報機関と国防総省情報筋が確認している。


「ドナルド・トランプ大統領はこれにどのように対応していますか」と尋ねられたとき、英国の上級情報将校は「おそらく現時点で、非常に誠実であろうとする為に、盲目のパニックになった」と述べた。


これを信じることは難しいことですか?米政府に今年起こってきたことを見てみましょう。まず、すべての退役軍人が1月1日にトランプ政権から去った。米政府は、米軍が完全に融資されているのにも関わらず35日間閉鎖しました。(訳者注:なんで閉鎖したかの理由が分かっていないんだね)


米政府が再開した時に、トランプは荒れ狂うシオニスト・ネオコンで内閣を埋めた。彼らは彼らはアメリカ国民の税の還付を盗み、米国のガソリン価格を吊り上げることで、何とかやりくりしている。これは借金中毒のワシントンDCに与える一方で、砂糖の高騰が米経済の回復を殺し始めた。(砂糖の高騰で米経済回復が殺される????)


一方トランプは、「サウジアラビアは4,500憶ドル相当の武器を購入する」とか「中国は米国から1兆ドル相当の製品を買う」とか言いながら偉大なことが起こることを国民に納得させようとしている破産中毒者のように話している。実際は、サウジアラビアは単に145憶ドルの米輸出品を買うことに同意しただけである。また、例え中国が1兆ドルの高価格な米製品を買うことを認めたとしても、米経済はこれらの製品を作る能力を持っていない。(訳者注:具体的な製品は?何年間の話?)アジアの秘密結社の情報筋によれば、いずれにしろ中国はワシントンDCの破産宣言を真剣に考えている。(訳者注・ワシントンDCとトランプ政権の関係は?一緒くたにしてませんか?中国どころじゃないですよ、トランプ自身が破産宣告したいんです、分かります?、フルフォードさん)







トランプ政権は高価な米国のシェールオイルとガスの購入を各国に強いることで自立を図ろうとしている。それが、米国がシリアとイエメンを攻撃するとか、イラン、ベネズエラとロシアに対する経済制裁をする理由である。しかし、欧州、中国、日本、インドと言った主要な石油輸入国は高価な米国石油とガスに関心がないので、この戦略はうまく行っていない。また、これらの国は米国の制裁に協力していない。この状況をよく分析したものとして、9/11の真実を最初に拾い上げたシエリー・メイソンにより以下の記事をお勧めします。




国防総省情報筋は、前ベネズエラ軍情報部長である陸軍将軍ヒューゴ・カルバジャルのスペインでの逮捕は、ネオコンのクーデターが幸運にも失敗したので、軍隊にベネズエラ大統領ニコラス・ムラドーへのさらなる忠誠を為させたと言っている。このことは、世界最大の石油埋蔵量が徒党の石油ドルシステムの外になったことを意味している。


偉ぶった徒党ヘンリーキッシンジャーは数兆ドルの価値のある債権を現金化することでDCと彼の石油ドルシステムを救うために必死かつ無駄な努力をしてきた。これらの債権は決して現金化されないと、その情報筋は言う。


その代わりに、量子金融システムと呼ばれるものが実装されると、複数の情報筋は認めている。日本の金融市場は4月27日から5月6日までの6日の間閉鎖され、これは第二次世界大戦以降最長の金融市場と銀行の閉鎖であろう。(訳者注:ゴールデンウィーク11日ですから。この正月連休も1週間止まったんですが、、こういうのを嘘と言います)


https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-04-13/why-japan-s-10-day-break-has-markets-worried-quicktake


QFSを作った人は「戦争大学の権力移行理論」にその起源があると言っっており、それは大英帝国の開放に非常に正確に使用された。


これに関して、CIA情報筋は言う「ブレディクトは単に欧州と英国の問題ではない」「もし彼らがローマクラブを去ろうとするならば、何人かの高級議員を脅す巨大な悪魔のゲームである。事は起きようとしているが、もし彼らが逃げようとするならば親衛隊が文字通り彼らを食い物にするだろう」(訳者注:いつもこういう言い方です。本当に分かっていて話しているのでしょうか?もっと具体的に言ってください)


MI6の一つの情報源によれば、世界の武装軍隊とその情報機関は崩壊する新世界秩序に置き換わる主権国家の世界同盟を作り出すために、この権力移行モデルを使っている。主権国家連合はまた、世界将来計画機関のような世界機関を創設を支持していると、伝統的13血統の主導メンバーの情報筋は言う。


この情報源は最近の英国の開放に中心にいた軍の反防諜活動の背後にいた主要な計画者の一人であった。


英国の開放作戦はバークレー銀行のソブリン債市場のイタリアとバチカン事務所で働くこの人間の内部告発で引き起こされた。この内部告発はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作スキャンダルに繋がった。


ここにこのスキャンダルの意味に関する彼の総括がある:「ブルームバーグのチャットフォーラムを使って進路を操ることは最大の複雑な金融詐欺となり、終には全ての産業を目滅ぼし、地政学が公かつ密かな方法に変えた」


もちろん、これらの機関と腐敗した政治システムを戦うことなしに支配することをあきらめない。先週、悪魔と称えられた大量殺人者ベンジャミン・ネタニヤフに権力を維持させるために、彼らはおそらく不正選挙を行っただろう。


この不正選挙を衆目からそらす為に、彼らは偽ニュースを演出した。イスラエルでは間違った月面着陸を演出した。以下のようなコメントの付いた写真がユダヤ人CIA情報筋から送られてきた。添付写真はイスラエル月任務の偽物を示している。「サタンの星」がよく見える完全な道具立てに気が付いてください。


彼らはそれが出版されるとすぐにあざけ笑われたブラックホールの偽の写真を持ち出した。これはガーディアンやニューヨークタイムスのような出版社のハザール奴隷が、ブレディクトをブラックホールとして参照するようにこの写真を報道することを防がなかった。



https://www.theguardian.com/media/2019/apr/10/saurons-eye-or-brexit-metaphor-tweets-joke-about-black-hole-image
しかし、イベントからのすべてのビデオとスチールが独りの関係者が今日では、コンピュータ・グラフィック偽造の隠しおおせない徴候のあるロシアからのものである点に、我々は注意している。2016年にパメラ・アンダーソンが訪ねてきた後に、ジュリアン・アサンジがロンドンのエクアドル大使館の彼のバルコニーでさえ現れなかった点に、我々も注意している。


ここに、ジム・ストーンのウィキリークスのタイムラインがある。


http://82.221.129.208/.wn6.html


2016年10月23日 -  WikiLeaksのディレクター、Gavey Macfadyenが死亡しました。
2016年4月16日 - ウィキリークスのジョン・ジョーンズ弁護士が死亡(「列車の前でジャンプ」)(自殺)
2016年5月11日 -  WikiLeaksの弁護士Michael Ratnerが死亡しました。
2016年10月16日 -  Pamela Andersonがアサンジに「昼食」をもたらし、夕食後は体調が悪かったと主張し、10月17日にアサンジは「インターネットの遮断」を行いました。


彼らはまた、本当に重要な情報を含まないウィキリークスのデータダンプを偽装した。彼らは9/11や福島や他の人類に対する犯罪について真実を見つけることができないだろう。


福島はテロリスト攻撃であり、国際報道では過少報告されている非常に深刻な国際事件であったとMI6情報筋は言っている。彼は、このきわめて深刻な事件は来る戦争犯罪裁判の重要な問題となるだろうと付け加えた。


いずれにしても、すべてのこれら演出された事件に関する面白いことは、彼らは今暴露されており、ハザールマフィアが大衆意見を操作することにその力を失っていることを示していることだ。


これらの犯罪から注意をそらさせるヒステリックな努力にもかかわらず、ネットはハザールマフィア特にイスラエルの作戦基地の周りを描き出している。


この点に関して、国防総省情報筋はトランプが「我々は決して忘れない」とツィートしたこと、ナンシーロペスが「9月11日の痛みを伴う印象」と述べたことを注意している。さらに、議員イルハン・オマールが9月11日に「誰かが何かをやった」と応答した。真実の爆弾がイスラエルに落とされる前に、それは政治的に正しい国際会話になって行くでしょう。(訳者注:何が言いたいのだろうか)


元米軍参謀長ジョン・アビザイドはサウジアラビアの米大使として92対7で承認され、中東の事実上の軍統治者となると、情報筋は述べている。


これは、エジプト大統領アブデル・ファター・エルシ・トランプ大統領がホワイトハウスで「エジプトはアラブやNATOの一因にはならず、イランをこの地域の紛れもないリーダーにすると述べた間に起こったと、国防総省は付け加えた。


リビア、スーダンとアルジェリアで起こった政権交代は、中東とイスラムの団結の復活の全て関連している。


ベンジャミン・ネタニヤフは、彼の権威のもとで悪魔数はシオニストの計画が崩壊した時に歴史的裁判に直面するものと思われる。(訳者注:いつになるの?あくびです。誰がこれを支配しているのか?)


今週の最後に、私は支配血統情報筋がハザールマフィアは予測計画を使用していると伝えt来たことをh、再び指摘します。つまり、彼らは実際の事件を演出する前に、世界貿易センタービルに飛び回る航空機に関するTV番組を作る。


それは、私がフォーブスマガジンで働いていた時のことを思い出した、フォーブスの東京支局長が心臓発作のもととなる武器で殺害された小説を私に思い起こさせた。数年後、私は問東京の永田町駅で私に対して白い封筒状の装置を私に使おうとした人間によって攻撃を受けた。装置は小説に述べられた心臓攻撃兵器の詳細に対応していた。


ここに私自身の予測プログラミングがある:私はベンジャミン・ネタニヤフが軍事法廷で手錠を掛けられて、死刑判決を聞いているのを見ている。イスラエルの軍事警察は機会を見て二国間交渉をすると私は予想している。代替案はイスラエルのユダヤ人がとるこのゲットーになってしまうことである。


------------------------------------
中身がないなぁと感じます。すべて抽象論であり核心の話がない。革新の情報が入ってこないものと思われる。白龍会では無理。依然としてトランプの悪口を言っているが、どこからの情報?白龍会でしょ。だんだん中身がなくなってきている。樹林さんのブログの方がはるかに中身が濃く現実的である。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

ばたばたあがいている

 
前米大統領バラク・オバマは金曜日、ベルリンを訪問して彼女のオフィスで私的に会談した。
ドイツ当局はこの会談は慣例であると述べた。

メルケルの報道官は通常のこととして、緊密に良く仕事した前国家元首や政府高官と会っただけだと述べた。


ドイツの新聞が物乞いと呼ぶテレサ・メイのツアーに少し厄介なことが。通常アンゲラ・メルケルはゲストの到着を赤い絨毯の上で待つが、、、今日は違った。

孤独にメイが官邸内に張ったところで、メルケルが慌てて出てきて、外に出て改めて記者撮影を行った茶番。「歓迎しないよ」と言う意思表示なのでしょう。そうしないとEU内で揉めるからね。
メイは一生懸命EU側にお願いしなければならない立場で、しょうがないからやっているだけ。
メルケルにとって、どうでもいいこと。彼女は自分のハエを追うので背一杯よ。むしろオバマとどんな話があったのか、興味ある。

それにしてもバタバタと、世界中に分かっちゃうことをやると言うことはトランプに対する圧力??
圧力にもならないと思うのだが。。。。。
オバマは人身御供にされそうな境遇を助けてくれ、ドイツに匿ってくれと言いに行ったのではないか。トランプがやっていることは米政府内のスパイによって、詳細に分かっているので、何も報告に行く必要はないと思う。

彼は会談は独米関係には関係がないと述べた。
ドイツとは複雑な関係のあるトランプ大統領に対するシグナルかと聞かれて、
彼は「私はそう思われることは全く拒絶する」と報道官は述べた。


会談後、官邸を去るオバマが手を振る。

一方、バール司法長官は
白熱の審議で民主党が取り扱いは受け入れがたいと言っているが、バールは一週間以内のムラー報告書を公開すると述べた。

また、FBIの最初の調査方法を見直していることも明らかにしている。
どんどん、オバマにプレッシャーをかけています。いたたまれないオバマはメルケルに泣きついた。
しかし、彼女も人のどころ話じゃない。

まぁ、オバマに全ての責任を負わせるつもりだろうね。そんなことでは済まないから時間稼ぎ。
必ずクリントンンに迫る。そのうちクリントンがのたうち回るでしょう。





励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(4/8)

G7内で荒れ狂っている非宣言英独戦争


西側G7指導部は英同盟を独同盟に挑ませている内戦の最中にあると、複数の情報筋が主張している。英国教育を受けた日本の新天皇の出現と日産/ルノー前会長のカルロス・ゴーンの再逮捕はこの戦争の一部であると、日本軍事情報の情報筋は言う。


明らかに日本が独立国へ戻る可能性は、ハザールマフィアを慌てさせている。私たちは先週、モリタと言う名前のいつも酔っぱらっていて普く尊敬されていないギャングから次のメッセージを受け取りました。「あなたの言葉は5月11日に10万人の日本人の死をもたらすでしょう」モリタは明らかにハザール人所有の日本銀行の国有化の呼びかけに言及している。軍事警察はできるだけ早く彼を逮捕して、誰が彼にこの脅しを伝えるために雇ったかを明らかにさせる必要がある。


我々はまた、白龍会が3個の500キロトンの核弾道を使う選択肢を与えられたと指摘することができる。そのことは、フランクフルト、テルアビブやツーグの破壊によって日本への新しい攻撃に対して報復できると言うことを意味している。しかし、悪魔崇拝者とは異なり、白龍会は政治目的のために罪のない人々を大量に殺害しようとは思わない。その代わりに、我々は有罪者のピンポイント殺人を使う。あなたが我々ははったりであると思うならば、福島の大量殺人に関与した所謂大使クリストファー・スティーブンスや黒教皇ピーターハンス・コルベンバッハを含む200人以上が既に処刑されていることを指摘する価値がある。


今回の新しい罰はハザールマフィアのDVDナチ連続体の総統を含むことになると、白龍会情報筋は言う。処刑されたジョージ・ブッシュ・シニアに代わる新しい総統であり黒太陽組織の長は、日本軍事情報によるとハインリッヒ・ドナトゥス・フィリップ・ウンベルトヘッセ王子とヘッセのランドグラフである。MI6と他の情報筋によると、彼はビクトリア女王の子孫であり、アドルフ・ヒットラーとイタリアの皇帝ビクターエマニュエルの親戚である。彼の英国の従妹は既に彼に止めるよう話している。これは白龍会から彼へのメッセージである。「あなたが、この地球を救えるあなたの才能を使える機会があるうちに降伏するか、さもなければあなた全体の大量虐殺血統は永久に人間のゲノムから消されるでしょう」


https://de.wikipedia.org/wiki/Heinrich_Donatus_von_Hessen
https://www.typotalks.com/de/speakers/donatus-landgraf-von-hessen/


さて、ここで西側エリート内の英国派とドイツ派の秘密の戦争の兆候について見てみましょう。


もちろん、最も明白なことは、Brexitに対する騒動です。英国の諜報機関によると、政治家はそうではないと言うふりをしているが、法律で定められているようにBrexitは3月29日に行われたと言う。この目に見える兆候は、この日付以降に発行された英国のパスポートには欧州連合への言及が含まれていないという事実です。テレサ・メイ首相は、ドイツ軍に対するイギリス軍の情報収集を統制する取り決めを交渉しようともしていない。


先週すでに述べたように、ドイツ人はすでにフランスを占領して第二次世界大戦の結果を覆しました。


https://www.bbc.com/news/world-europe-47692475


フランスのイエローべスト運動の指導者たちは、フランスのエマニュエル・マクロン大統領はドイツ人家族のロスチャイルド/サックスゴータ/ヘッセの一員であり、自分自身を外国のボディガードから身を守る必要があると指摘しています。彼らはまた、黄色いベストのデモ隊を抑圧するために、(卍の代わりに)EUの星を持ったドイツの装甲車両が使用されているとも述べています。


ドイツの自動車輸出を運搬している船がイギリス海峡に沈んだのは偶然なのか、そうではないかもしれないが。




それからイギリスのMI6チーフサーアレックスヤンガーの息子は不思議な自動車事故で死にました。


https://www.telegraph.co.uk/news/2019/04/01/son-mi6-chief-alex-younger-killed-car-crash-scottish-estate/


英国の諜報機関は、彼らはドイツによって支持された第五列(スパイ)に対して抜本的な措置を取ることになるだろうと言っている。だからこそ、彼らはトニーブレアのような旧来の裏切り者を収容するために彼らのグアンタナモ湾バージョンとしてクリスマス島の遠隔刑務所キャンプを用意した、と彼らは言う。


すでに述べたように、この代理戦争は日本でも急増しています。先週のカルロス・ゴーンの再逮捕はランドグレーブ・ドナウタスを狙った一歩だった、と日本の情報筋は言う。ドイツ人はゴーンを使って三菱重工業から日本の軍事秘密を入手しようとした、と彼らは言う。三菱は現在ボーイングとロッキード・マーティンと提携しており、そして、ドイツの軍事派閥はこの成長している同盟に突入しようとしている、と彼らは言う。


日本の航空会社が彼らの浮上を維持するように、ボーイングにとって日本の支援は今特に重要であると、日本の情報筋は言う。さらなる支援が必要である「ボーイング737は世界的な汚名に直面しており、商業航空機のみならず軍備品に対するボイコット、投資引き上げや制裁にと言った世界的な運動が起こりうると、国防総省情報筋は言っている。


ペンタゴンの情報筋によると、最近のエチオピアの航空会社のボーイング737号の墜落事故の調査では、これはフランスとドイツの秘密機関による遠隔ハイジャックによって行われたことを示唆しているという。ライバルであるボーイングの評判を落とすことでエアバスジェットを売っている間のアフリカにおけるフランスの利益に反する働きをしている国連の当局者をフランスとそのドイツの擁護者が殺すことができたと、彼らは言う。


事実、ボーイングはすべての航空機から遠隔制御装置の除去を行っており、エアバスはこの事故の原因のこの装置を装備している。取り急ぎの検索では、少なくとも3回の、エアバス航空機の遠隔操作ハイジャックと思われるものが発生している。



https://de.wikipedia.org/wiki/Germanwings-Flug_9525


https://de.wikipedia.org/wiki/Indonesia-AirAsia-Flug_8501


https://de.wikipedia.org/wiki/Kogalymavia-Flug_9268


世界は、エアバスとボーイングの複占を打破するために中国と日本を必要としていると、国防総省情報筋は言う。「航空機は現在FAAだけではなく、EUと中国との協議のもとイマンを保護するために認証されている」と付け加えた。


米軍はまた、「貪欲で貪欲な」米軍備品製造業者から距離を置く準備をしていると彼らは言う。トルコは高価なロッキードゴミF-35ではなく、第五世代スホーイSu-57にロシアS-400(対空ミサイル)を導入することで利益を受ける可能性が高い。「石油ドル体制から解放されれば、スホーイはこれをインド、中国、イラン、ベネズエラとサウジアラビアにすら売ることができるようになる」と彼らは続ける。


サウジアラビアが石油ドル体制を捨てたという言及は、米国の軍事管理政府が事実上サウジアラビアをカオゼ - マフィアの支配から解放しようとしていることを明確に示している、とCIA筋は言う。


もし、国防総省が気付いているイランとイスラエルの主導者たちが第三次世界大戦を始めるためにスイスのツーグのご主人様に命令を受けたことが真実であれば、米大統領ドナルド・トランプのイラン革命軍を外国トロリスト機構(FTO)であると言う指定は、イスラエルの国防軍モサド、シンベットとアマン(軍事諜報)を同様にFTOと呼ぶ基礎を与えてくれた。


今週イスラエルは総選挙を行うが、それはまだ理解していないイスラエル市民に思い起こさせる:ベンジャミン・ネタニヤフはアシュケナージ・ユダヤ人を彼らの先祖代々の土地からイスラエルに押しやるために、ホロコーストを実行した、つまり焼けた生贄をモレホ、バール、サタン等に捧げたナチのために働いている。


イスラエル人は選択できる。自分達自身の条件で平和を気付き、二国間解決を見つけるか、トルコ、イラン、シリア、ヨルダン、イラク、レバノンそしてカタールの複合勢力に対して戦争を仕掛けるかである。


古代の偽造品によって支配されている迷信狂信者を思い起こす;米軍は退化している不正な国家イスラエルを守るために戦うことはない。目を覚まして現実に立ち向かいましょう。ゴグとマゴグの戦争はありません。お終いです。新しい時代を迎える時が来ている。


この新しい時代が始まった兆候が多くある。例えば、中国の習近平主席は欧州を訪問して、BISと中国の間でアジアの金塊を認めることに合意しました。


背景として:アジア人は世界で知られる金塊の85%を支配しているが、この金塊の大部分は1971年のニクソンショック以来、西側の金融システムではブラックリストに挙げられて来た。この金塊がせかいの金融システムに再統合されれば、ロスチャイルドなどからの財政力の大幅な移行がもたらされるでしょう。


https://www.zerohedge.com/news/2019-04-03/belt-and-road-initiative-full-swing-europe


同様の進展として、メキシコの情報筋は、先週NSAが我々に情報を伝えたメキシコの億万長者のカルロス・スリムと日本の天皇徳仁との会談は、メキシコの独立中央銀行の立ち上げに関するものであった。メキシコの大統領アンドレス・マニュエル・ロペス・オブラドールはスリムと共に働いており、既存の銀行システムを迂回して利益を直接貧困者に配布するためにアズテック銀行に融資していると、彼らは言う。


https://plumasatomicas.com/noticias/banco-azteca-programas-sociales/


イタリアも中央銀行を国営化しており、金塊を没収していることを述べおく。多くの国が後に続くことになる。


https://www.reuters.com/article/italy-centralbank-bill/italian-party-proposes-nationalising-central-bank-for-minimal-cost-idUSL5N20G5P8


最後に、新時代が面白くなってきている。我々は中国が魔法のキノコを売る準備をしていることが分かる。(キノコによる医薬品市場への参入)



--------------------------------------------------
相変わらず、米国情報がありません。今の変動の大本は米国です。トランプです。
中国情報なので米国情報は入りません。米中は全くうまく行っていないことがよくわかる。
どうするのでしょうか?日本の菅官房長官が5月初めに訪米して、今後の日本と中国との関係を議論するそうです。安倍と麻生をのけ者にする相談のようです。そろそろ自滅しいますが。
菅が自民党総裁になるらしいが、総理は別のようです、どうなるのでしょうか?




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村