嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

秘密情報

安倍、国民民主党の取り込みに失敗
産経ニュース
「『二度と呼ばない』玉木氏が自民幹部との会談欠席」
6日に急遽、玉木氏と平野博文幹事長の不参加が決まった。
自民党幹部は「来なかったことはずっと覚えておく。二度と呼ばない」
*こんな発言するようじゃ、足元見られるよ。


○二階幹事長=小沢一郎と親しい
金田勝年幹事長代理=所属は平成研究会=竹下派
稲田朋美筆頭副幹事長=清和会、安倍に寵愛される。???稲田が???
○玉木一郎代表=小沢一郎が嘱望している
平野博文幹事長=鳩山内閣官房長官
益子輝彦幹事長代行=最終廃棄物処理場を山口県に要求、TPPに反対
小宮山泰子総務副会長=小沢一郎信頼


小沢一郎は小泉、石破に自民党を離党するよう呼びかけている。


『反安倍勢力の纏め上げに努力中』


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(11/5)

サウジアラビアは崩壊する。イスラエルはネタニヤフかテルアビブのどちらかを選択しなければならない。



ハザールマフィア支配網の解体は、目下のサウジイスラエルの指導部の引きずり降ろしによって続いていると、国防総省、CIA他の情報筋は言っている。特に、ロシアと米国間で、サウジアラビアをイランが支配するスンニ派地区とトルコが支配するシーア派地区に分割する交渉が行われていると、CIAとFSB情報筋は言う。


これが、この件について国防総省が言いたいことである;「カルマの仕打ちはキツかった、サウジアラビアはジャマル・カショギに対してしたことで解体され、モハメッド・ボーン・ソーマンがイエメン戦争を終結させ、カタール封鎖を解くことを余儀なくされ、一方で米国は国際通貨リセットの後にトルコとイランで新たなパートナーを見つけるかもしれない」


進行中のもう一つのことは、長く待ち望まれていた米国内の徒党の逮捕がすでに始まっていると、その情報筋は言う。最も高位の人間は、前マレーシア首相ナジブ・ラザックとともに、その国から金を略奪しようとした罪で逮捕されたゴールドマンサックスの上級銀行家である。盗まれたお金の用途の一つは、ロスチャイルド賞賛映画「ウォールストリートの狼」に資金を提供することであった。



「61,000件以上の未開封起訴状は米中間選挙の後に公開されるが、グアンタナモはすでに離陸している」と国防総省情報筋は言う。

ここも見てください。
押さえつけられない状況:未公開訴状がうなぎのぼり2018年11月5日


このことが別の側面で見えることは、徒党(ロックフェラー派)のGEが目下破産中であると、その情報筋は言う。この著者の曽祖父ジョージ・タイラー・フルフォードは1905年の自動車事故まではGE最大の単一株主であった。この事故に関するすべての記事は消滅し、彼の株式は全く腐敗したファンド経由でロックフェラー家族に渡ったと、私の祖母が言っている。だから私にとって、事実後1世紀以上に渡る誌的正義である。2011年3月11日の日本の核津波大量殺人事件にGEが非常に関与していたことを覚えておくことは重要である。


いずれにしろ、目下のスローモーション株式市場の崩壊は、新たな量子金融システムがオンラインになるにつれ企業の犠牲者を要求し続けると、国防総省情報筋は言う。


また、その情報筋は、「メキシコの移民キャラバンは、メキシコが多くの人々に亡命者保護を求めるよう説得している間に、ISIS、MS13と他の犯罪分子が特殊部隊によって逮捕されたので、国境の1万5千人の米軍によって効力をなくされた可能性がある」と言っている。言い換えれば、米中間選挙を混乱させるためにこのキャラバンを使用しようとした企みは阻止された。


また、東アジアでは、インドネシアのライオン航空の遠隔操作によるハイジャックと飛行機事故による高度の陰謀が起こっていると、その情報筋は言う。この飛行機事故はシンガポール金融システムの支配を掛ける代理戦争の一部であると、情報筋は言う。


これがCIAの事故報告である:「ライオン航空JT610は故意であった。もはや機体本体はない。分析できるものが何もないので、ほとんどの乗客は同定できない。最近、4人の乗客が同定された-一人は指紋から、一人は入れ墨の皮膚から、一人は乗客が搭乗前に履いていた靴を使っていた人、そして搭乗前の家族との輪の中で着ていたドレスを使っていたご婦人である。体は飛行機もろとも粉々にされた。




コックピットの記録はもし発見されても、一般には公表されない。発見されても、それは損傷しているであろうし、修復はできない。彼は最後の数分の機長と副操縦士の会話を記録しているだけである。彼らは航空機の制御は遠隔操作されていたことを知っていたはずである。この情報は一般には公開されない。



昨日私は、28人の政府職員は、シオニスト当局者とバンカ島の金塊貯蔵所の一つを手放す交渉をしていたホワイトハットチームであったと聞いた。金塊はインドネシアの人々をはじめ人類のために使われるべきものである(これは私が信用し、これらのことに精通している人から聞いた)。それはシオニスト徒党が航空機事故を起こして交渉へ応答したものと思われる。


さらに、この問題の金塊は長年シンガポールのリー・クアンユー首相(LKY)の家族によって支配されていたと、他のCIA情報筋は言う。LKYはアジアから盗まれた金塊によって担保された銀行債を償還できる資格のある数少ない人の人意であると、その情報筋は言う。その金はスズ採掘会社経由で国際金融システムで洗浄されたと、彼らは言う。それは、島国の富の秘密の一つであると、彼らは言います。この著者は、含み資産11憶6000万ドルのかちのあるこれらの債権の一部を所有している。この債券は中国最後の皇帝溥儀の娘が所有していた。彼女は新しい名前で日本で暮らしており、それを能力主義将来計画機関の設立に使う条件で、この著者に与えられた。


その債権は、満州金塊の7万トン、4ちょう6000憶ドルによって担保された者の一部である。これらの債権は、専門家によって惑星の救済計画が承認されたので、責任をもって現金化される。そしてその仕事は民間部門に委託されるだろうと、白龍会は言う。


その債権は正当なものであることが証明されており、徒党は約束を果たし、それらを現金化する必要に迫られている。


グノーシスイルミナティは白龍会に、彼らが4個の核兵器を貯蔵していることを伝えた。白龍会はシオニスト徒党に、もし債権が現金化されないならば、彼らがテルアビブとスイスのバゼルを破壊するだろうと伝えた。


もしそれが過激に思えたら、1970年以来、人類が野生動物の60%を絶滅させたことを思い起こしてください。それは我々が惑星絶滅の事件に対処していることを意味している。


https://www.theguardian.com/environment/2018/oct/30/humanity-wiped-out-animals-since-1970-major-report-finds


金は、環境破壊を止め、貧困を終わらせ、人類の宇宙への進出を容易にする大規模キャンペーンに使われる。


このキャンペーンの立ち上げを阻止するための企ては、上記の極まった方法を含む暴力によって扱われるだろうと、白龍会情報筋は言う。また、我々は幹部犯罪者に盗んだ金塊を返すように要求し、これらの犯罪者はすでに丁重に盗んだものを返還するよう言われていることを覚えておいてください。
(いつも状況の解説だけで、白龍会が何をしたのかは書いていない。我々はとごまかしているが、この我々は人類という意味である)


いずれにしても、これらの兵器は不幸にもかって米軍のはホワイトハットと機関によって既に使われた。


「徒党の逮捕は、米大統領ドナルド・トランプがロシア大統領ウラジミール・プーチンと、偶然にも退役軍人の日の11月11日にパリであった後に激しくなるだろうと、国防総省情報筋は言う。


その債権の一つが白龍会へ手渡されて以来、小さいなレベルで多くのことが起こったことは興味深い。一つには、私が出演する日本の人気インターネットTVの技術責任者がハロウィンの夜に自動車事故にあって、そのショーの5月分が取り消される原因となった。彼は回復している。(誰れ?)日本の暴力団はこの著者に、この攻撃に抗議するよう電話してきた。しかし、彼らは事故は暴力団の抗争に関連したものであり、テレビ番組への私の出演とは無関係であると、彼らは説明した。我々は呼び出しが発信番号を持たなかったので、彼らが誰れであるかは分からない。


最も関心があるのは、MKUltra(CIAの人間洗脳実験)の女性犠牲者が白龍会の保護を求めてスペインから飛んできたことである。彼女はイエスズ会で働いており、必ずしも白龍会の敵というわけではない。


これによって我々が言いたいことは、前イエスズ会指導者でNSAによってピーターハンス。コルベンバッハと名付けられた者が、悪魔崇拝者であり、311福島攻撃に責任があるけれど、惑星を救う大規模キャンペーンを準備していたイエスズ会の新しいカトリック指導者であると、P2フリーメーソンの情報筋は言う。


惑星を救い、多くの同時の努力がこのゴールに向かっていると認識できる限り、初期の抗争は忘れなければならない。(こういう言葉信用できない、フルフォード、P2、白龍会の一味)


日本の暴力団は、イエスズ会がバーバラ・ブッシュの従妹のリチャード・アーミテージと日本商人ジョセフ・ナイに日本の奴隷首相安倍晋三にその命令に下ぐように命じたと、我々に話した。この二人の男性は24時間迫害されており、地球のために白龍会で活動することを強く勧める。(もうそうなっている、白龍会ではなく米軍に、いつも調子がいい、よいことが出ると自分の成果のようにずっと言ってきた。何一つ具体的行動を語ったことはない、解説しているだけ)


最高の注:
親愛なるトーマスの非常に良い翻訳は、ここにありますhttps://benjaminfulfordtranslations.blogspot.com/2018/11/deutsch-benjamin-fulford-05112018.html#more


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

特別情報ガッチャマン

リチャード・アーミテージ元国務副長官とハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が、外務官僚に公文書を偽造させ、沖縄の基地を「最低限でも県外」という鳩山政権の政策を覆させた。その後、公文書を偽造させたジャパン・ハンドラーズの意向を受ける形の菅政権が出来たが、米国債のことでオバマ大統領の命令を反故にした菅政権は、3.11を起され、日本はメチャクチャになった。その後、野田が継いで、次に安倍が継いで、日本はメャクチャのままだ。ここで本来の日本に立ち戻って、小沢政権をつくり、日本を復興しなければならない。

アーミテージとナイは日本の国会で証言してもいいと言っているらしい。
どうやら、正規軍の軍門に下ったらしい。一方で、辺野古を強引に進める安倍が一気に瓦解する。
これが起爆剤のようだ。証拠は川内議員が握ったらしい。






励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村