嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

フルフォードレポート英語版(6/26)

旧体制の内部崩壊による中央ユーラシアにおける歴史的変化

時々、歴史的変化は、このように不明瞭な見出し発表されることもある;「6か国国防相はプラハにおける協調に焦点を当てる」


さらに詳しい発表は、オーストリアハンガリー帝国は100年の中断の後、復活したと読める。物語は、チェチア、スロバキア、ハンガリー、オーストリア・スロベニア、クロアチアがそれぞれの国境で合同訓練を行おうとしていると言うことである。統合した境界はほとんどオーストリアハンガリー帝国のそれと同じであり、これらの境界の中で、市民、警察と軍隊当局が協力して行こうとしている。EUから独立して運営されるこのような場合、共有された外部境界は国を定義する。


第一次世界大戦後に倒されたハプスブルグ王朝は戦争に勝ったサクセ-ゴータ-ロスチャイルド王朝の復活であったことにも注目する価値がある。それがハンガリーがすでにサクセ-ゴーターロスチャイルド中央銀行を放棄した理由かもしれない。


汎欧州連合のトップで、ハプスブルグ相続人は彼のサクス-ゴータ-ロスチャイルドのライバルがその権力の多くを失ったので、彼の祖先の帝国を復活させるチャンスが見えている。
欧州の他の地域では、我々はドイツと米国の間にひびが広がっていることを見ている。ドイツ国民は今、ドイツが安いロシアガスを購入することを止める努力に対して米国に対するEUの制裁について広く議論している。


さらにまた欧州人は米国大統領ドナルド・トランプのアメリカと縁を切る為に、海外展開能力を持つ統合軍の創設を推し進めている。

また、フランスのロスチャイルド奴エマニュエル・マクロンはシリアについて公然とロシアへ味方した。これは、日和見主義のロスチャイルドが彼らが利益を守ろうとすれば、今誰から吸い上げるかを理解しているという明確な兆候である。

しかし、ロシアへの影響力はマルタ騎士団が支配しようとしているおり、巨大な権力闘争へ繋がって行くと、FSB情報源は言う。それに続いてロシアはマルタ騎士の十字架を授けられた。

国防大臣セルゲイ・ショイグ、B.Aベッレゾブスキー、パベル・ボロディン、G.Eバーブリス、ミハイル・ゴロバチョフ、ボリス・イエルツイン、VV . Ilyushin V.V.Kostikov, M.Yu.Lesin, S.F.Lisovsky, Yevgeny Primakov, A.V.Rutskoy等、ロシアFSBによる。

「何故、これらの人々はロシアの破壊、産業、科学、教育の崩壊、ロシア人の絶滅、そして国民の精神て貧困を促進する組織に関与しているのか?」白龍会に繋がるFSB情報源は尋ねる。「騎士十字フリーメーソン章はロシアの国家主権と国家権力の破壊を助ける舞台裏で授与された」とその情報源は続ける。

その情報源はマルタ騎士団は全ロシアの民間警備会社を支配しようとしている。彼らはこれをロシアのマルタ秩序の小さな傀儡であるファナレフ氏によって率いられるボディーガード協会と通じて行っている。親組織は国際ボディガード・安全保障組織である。


彼らのウェブサイトを読むときは「反」を取って読みなさい、何故なら私は病院と赤十字が人身売買と臓器盗難に関与していると聞いているからである。
全体組織はマルタ上級騎士であるジョージ・ポッパー教授に率いられている。


自称悪魔主義者のレオ・ザガミは黒い太陽崇拝P2フリーメーソンロッジはマルタ騎士団に命令を発したと主張している。
これはマルタ騎士団の大多数が悪魔主義者であることを意味するものではなく、ごく重要な上層部だけである。

いずれにしても、国際ボディーガード・セキュリティサービス協会(IBSSA)によるロシアの民間安全保障会社全てを支配しようとする企みは絶対的中央集権的世界独裁を作り出すP2フリーメーソンロッジの典型である。ロシアの白龍会は中央集権統一支配に反対し、その権力闘争に勝つもりでいる。

他の権力闘争もまた悪魔主義者に対抗している。中東では、サルマン国王は息子のモハメッド・ビン・サルマンを皇太子に指名し、米規制勢力に繋がる彼の義理の兄弟ナエフを解雇した。最近公衆に現れたサルマン国王は王座を占有してきた老人サルマンより見た目に若く、彼はただの体であり、31歳のサルマン・ジュニアが今のサウジアラビア国王であると考える他方が安全である。

しかし、国防総省情報源は、「これは世界通貨リセットを遅らせるために無駄な試みだ」と述べた。「さらに、サウジアラビアはロシア/イラン/カタールカルテルによって孤立させられており、元やその他の非ドル通貨の為のわずかな石油さえ売れなくなるだろうと、その情報源は言う。現在は、アラブ首長国連邦、バーレーン、エジプトとイスラエルがサウジ政権を支援している。

米国防総省情報源はまた、米大統領ドナルド・トランプの義理の息子ジャレッド・クシュナーは米軍/情報部門の規制勢力によってイスラエルに送られ、イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに会い、政権交代を要求する。新ロシア空軍に守られたイラン軍とヒズボラ軍が犯罪的ネタニヤフ政権に世界から軍事的に孤立していることを警告する為にイスラエル国境に到着したのは決して偶然ではない。米軍は犯罪的ネタニヤフ政権を保護する為には戦わないと、国防総省情報源は言う。

大統領ポロシェンコが政権交代を議論するためにワシントンに召喚されたウクライナでも同じような動きがあると、その情報源は言う。これらの動きは闘争を終わらせ、新金融システムに向けた準備をする世界的取り組みの一環であると、彼らは言う。

米国でも政権交代が起こる可能性があると、その情報源は続ける。ここに、最新の動向は旧体制勢力による「ロシア非難」の運動は完全に失敗している。バーニーサンダースと妻のジェーンは銀行詐欺の件でFBIの調査を受けており、前司法長官ロレッタ・リンチは司法妨害の件で司法省の調査下にあるように、徒党は守勢であると、国防総省情報源は言う。

米国が本当の政権後退を必要とする為に、旧体制の弱小派閥であるトランプ自信が最終的には排除されると見込みであると、その情報源は続ける。

アジアでも同様に、多くのことが起こっている。先週、韓国大統領文在寅(ムン・ジェイン)は北朝鮮の金正雲と会談して、近い将来朝鮮半島統合に合意したと、天皇に近い日本の右翼が言う。この動きは、1913年の連邦準備制度理事会の秘密政府が崩壊している現在、ハプスブルグ国の初期復興のように可能であると、アジアの白龍会情報源は言う。

一方、日本では、最新鋭ミサイル駆逐艦USSフリッツジェラルドがフィリピン船籍の貨物船に襲われるという奇妙な事件が起こった。国防総省情報源は、「それは潜水艦を使用できないイスラエルによる、1967年の米リバティ号に対するイスラエルの攻撃50周年記念の数日後に起きた北朝鮮に濡れ衣を着せる偽旗電子ハイジャックかもしれないと推測している。

他の可能性としては、フリッツは電子磁気パルスや電子線によって遠隔操作され、米軍に、人類にとって良好な火星の基地、隠された技術、秘密の宇宙計画の公開を要請していると、その情報源は言う。

近年、日本には未来の秘密の技術のある種の物が配備されているのは間違いがない。日本の九州の地下兵器備蓄拠点は最近、ある種の秘密兵器によって破壊された。また、福島周辺の放射線は、未確認航空機が福島地域を飛行した後に、完全に消えたと、日本軍情報部門は言う。

安倍晋三ファシスト政権もまた包囲されている。新聞は、安倍が岡山県の加計学園が新獣医学部を新設するために過度の影響力を駆使したと報道している。


新聞が報道していないことは、加計学園は日本の悪名高い団体731生物化学兵器機関に関与している同じ人によって運営されており、獣医学部は生物化学兵器開発の当に隠れ蓑であったと天皇に近い情報源は言う。言い換えれば、新聞は影響力行使の言葉を述べる代わりに、戦争犯罪について述べるべきである。いずれにしても、安倍は死にかけていると、その情報源言い、日本におけるファシスト根絶と言う基本的な政権交代の時期である。

----------------------------------------------------------
また、白龍会に戻っちゃいましたね。ブーゲンビル島の旅行でまたまた洗脳されたようです。フリーメーソンはやめたのかなぁ・・・・よく分からない、突然支持しだすので・・・・・
ロシアで何かトラブルがあったのでしょうか?物事が解決されようとなると、突然現れて、さも自分が解決したように言うのは白龍会の今までの行動です。そもそも、白龍会にロシアでの実行力があるとは思えない。もう、多くは言いませんが、早く気付きましょう、大スポンサーのようだから難しいか・・・・・・
ぐたぐた書きましたが、無視して内容だけお読み頂き、ご自分で判断ください。

個別内容は非常に難しいので、この場で判断できません(何の証拠も示さず書くようになっちゃった)
勉強してゆきます。

ブーゲンビル等の特別報告が出ているようです。順次訳しますが、内容が心配です。








励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

前川喜平文部科学省前事務次官 記者会見

日本記者クラブ:会見成立した経過は日本記者クラブがを前川さんに申し入れていた。
理由は1.国家戦略特区と言う政権の看板政策が実行の段階で、時の首相の親しい友人だけが特別な結果を受けた。『行政が歪められた』という大事な意見であると考える。
2.それを会見する場がない。この問題に精通する元政府高官が発言する場がないことは問題である。首相官邸からもしかるべき人に来ていただいて会見をしていただきたいと思っている。


前川喜平前文部科学事務次官・日本記者クラブにお招きを頂きまして有難うございました。
・私には政治的意図はない。安倍政権を打倒するいう意思はありません。・5/25の会見において言った「行政が歪められた」と言う認識を持っている。
・これに対して国民は知る権利があると考えている。
・文科省も国民の声に押されて、追加調査によって報告書の存在を認めた。
・それによって文科省は一定の説明責任を果たしたと思っている。
・文科省はなんとか、『隠蔽の誹り』を免れた。
・松野文部大臣も大変苦しいお立場の中で、精一杯誠実な対応をしたことは敬意を表します。
・文科省が認めた文書が私が見たもの、見ていないものがあるが、全て私が見る限り職員が見たこと聞いたことを記載したものと考えている。
・現職の職員の勇気についても評価します。
・100%かと言えばそうでもないかとは思いますが、一定の評価をしている。
・しかし、総理官邸、内閣府はそれを認めようとしていないのは「不誠実」「解明から逃げようとしている」「官邸の最高レベルの言っていること」「総理のご意向」は自分の言葉を自ら否定しているというのは理解できない。
・「今治市の加計学園獣医学部の開設を平成30年4月にしてほしい」その一点だけである。
・これに対して内閣府は国民に対して説明責任があると考える。
・第三者機関による検証委員会を提案する。
・総理は説明責任がある。
・規制改革にそのものについて反対している訳ではない。きちんとした検討検証が必要である。
・今回の問題は規制改革を進めるにあたり、穴の開け方に問題があった。『加計』ありきであったのではないか。結果的に『加計』しか該当しないような条件を作って行った。
・この検討を進める国家戦略特区諮問会議は本当にちゃんとした検討をしたのか。 特定な場所の特定な主体に恩恵を与えることなので、本当に公明性公平性があったのか?・国家戦略特区の目的は「国際競争力強化」「国際経済拠点形成」に対して加計は該当するのか?
・諮問会議民間人の文言「総理が特定の事業者を優先する意向を示した」と言うことはない。その理由は「私どもは一切知らない。ないと思う」と言う根拠だけである。
・この問題は、「国家権力とメディアの関係」、例えば読売新聞の私に対する個人攻撃など。
・最初にNHKは私に取材をしたが、いまだに放送されない。
・TVのコメンテーターの中には官邸の用語しかしない人がいる。非常に危うい関係だと思っている。
代表質問(日本記者クラブ)
□あなたが今回の要は発言をしなかったら、この問題はどうなっていたと思いますか?⇒何もなく平穏な内閣、文科省で終わった可能性が高いと思うが、誰かがこの要は提議をする人が出てくる可能性もあったとは思う。
□内閣藤原審議官との会談における「官邸の最高レベル」と言われたということですが、誰だと思ったのか?⇒普通こんな言葉は使わないのですが、第一に「総理」、次に「官房長官」あるいはその意向を受けた側近の方々と思った。
□「羽生田官房副長官にお発言概要」の信ぴょう性⇒私は現職中には見ていない。私が想像するに、この文書は文科省幹部に説明するのではなく、局長以下の情報共有化のための文書であると思う。 羽生田官房副長官の言葉なのか、和泉総理補佐官の言葉なのか、局長の言葉なのか不明確ではあるが、ほぼ間違いない内容だと思っている。
□「農水省は了解したが、文科省は怖気づいている」発言については?⇒怖気ついたという言葉は「当たらない」と思いますが、文科省は設置認可をする責任があるので慎重であったことが「怖気づいた」と言われたのではないか。
□文科省からさらに資料が出るか?⇒もっと出るのではないか。しかし、文科省の認識についてであり、内閣府を調べる必要があるのではないか。
□この問題のキーパーソンは誰か?⇒和泉総理補佐官だと思う。「総理は言えないので、私が代わって言っている」と直接言われた。シナリを書いて進めているのは和泉補佐官に違いない。
□羽生田官房副長官の役割は?⇒内閣府との調整役として出てこられたが、結果的にはミイラ取りがミイラになった。「総理がお尻を仕切っている」
□安倍総理から直接的に働きかけはあったのか?菅官房長官、今井秘書官からは?⇒私にはありません。
□行政がどのように歪められたのか?□国際福祉大学医学部と比較して加計はどうだったのか?⇒①検討時間が長い②厚生労働省が人材需要の見通しを立てた③その方針に従って特例を設ける(一般には医学部の新設は禁じられている)加計については、人材需要の見通しが立てられていないので、ずっと停滞していた。
□安倍総理は規制改革が行政の歪みを正したと言っているが、どちらが正しいのか?⇒役所の融通のきかなさはあるが、今回は穴の開け方に問題があった。公明性と透明性がなかった。
□これはお友達誘導だったのか、利益誘導だったのか?⇒元行政官としてはコメントできない。国民の皆さんの判断による。
□ただの忖度で、ここまでやるのか?⇒あえて言えば、指示と言うのがあってもおかしくない。
□官邸関与があったと言う根拠は何ですか?⇒読売の記事は5/23に出たのですが、20日と21日にコメントを聞きたいと言ってきた。さらに5/21に読売経由で和泉補佐官が会うと言ったら会うか?と言われたが無視した。官邸が関与していると思った理由である。恐ろしささえ感じた。
□森友学園の問題は?⇒加計問題と構図が似ている。地方と国が絡む問題であり、誰か司令塔がいなければできない。違うところは、森友は一切情報が出てこなかった。
□大学設置審議会が8月に認可を判断するのですが、どうすべきだと思うか。⇒国家戦略特区で進めた案件であるが、そのことはここでは審議しない。 審議できない部分はもう一度、国家戦略会議で確認してもらうべきだ。


一般質問
□産経・広池「総理のご威光について書かれた文書は前川さんが流したという噂があるが?」⇒私の口からは申し上げられない。「歴代文科省次官が天下りしていたのは知っていると思うが、どうして是正しなかったのは、何故か?」⇒今回の再就職規制違反の吉田局長の件は人事課から聞くまで承知していなかった。「違法行為」について初めて知った。
□共同通信の角南?「和泉補佐官はすべて否定している。何か証拠はないのか?」⇒正直なことを言っていただくしかないですね。
□NHK荒川「以下マスゴミの質問はなんか証拠はあるのかとか、文科省もやることがあったのではないかと、農水省のせいにしないでとか・・・・まぁ、くだらない質問ばかりなのでとはご自分で確認してください。これだけ国民が馬鹿にされたかもしれない案件についての質問でしょうか?では、せめて、証拠もないのに吠えているとか新聞に書いてくださいよ。どこの社も書いていません。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国家非常事態対策委員会(6/22)

国家非常事態対策委員会(6/22)

フルフォード
・中近東で大きな根本的変化。カタールがアラブの村八分に。・本当の理由はイランと協議しているガス輸出を欧米向けではなく、インドと中国に得ることにして、ドル以外の決済→石油ドル体制の危機
・トランプは最初反対したが、中近東の米軍最大基地がカタールにあるので米軍の力で翌日にトランプは容認した。
・サウジのサルマン王が自分の息子を皇太子にした。
・今出ているサルマン王は若い影武者(サルマン王は死んだと聞いている) *サウジアラビアの国営通信は21日、サルマン国王がおいに当たるムハンマド・ビン・ナエフ皇太子を解任し、息子のムハンマド・ビン・サルマン副皇太子を新たな皇太子に任命したと伝えました。・サウジ王国を作ったナイエフはサウジアラビアの石油地帯がカタールと組むかもしれない。
・サウジアラビアとイスラエルが孤立してゆく。第三次世界大戦はおきません。
・サウジはそもそも兵隊がいない。傭兵に頼らざるをえない。
・ブーゲンビル島に行ってきた。世界最大の金鉱山を見てきた。
・東南アジアの資源は欧米に略奪されたので、抵抗して人口10%を殺されたがロスチャイルドから取り返した。
・その金塊は世界人類のために使うと言っているので、応援する。
・状況を英文で記事にする。
・いろいろなことを勉強したので、記事を読んでください。
・鉱山は銅鉱山で一部金鉱山であったと言っていたが、金鉱山であった。
・共産圏が崩壊するとき、共謀罪などで弾圧したが革命は止められなかった。

朝堂院は相変わらず、軍産複合体が戦争をやらせるという絵を描こうとする。もうそんな話は終わったのに。フルフォードは今は意義を唱えているが、彼も二週間前ままではトランプはその手先だと言っていた。朝堂院はまだそう言っている。聞きづらい。さて、英文の長文を期待します。それでフルフォードさんの価値が決まるよ。金鉱山を世界の貧困の為に使う・・・・・ん~ん自分たちのために使ったらそうだろう。そうなるので

は・・・・・




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村