嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

籠池砲 音声データ

生々しい、値引き交渉のやりとり

籠池夫妻逮捕から一夜。
森友学園をめぐる問題の、そもそもの発端は、鑑定価格9億6,000万円の国有地が、8億円以上値引きされ、1億3,400万円で籠池容疑者側に売却された問題。

FNNが入手した、籠池容疑者と近畿財務局の担当者の会話から、売却価格が事前に決まっていた可能性が浮上した。

近畿財務局・池田 靖前国有財産統括官は、駆け寄った記者に対し「お答えできないです」と話した。

費用をめぐるきっかけは、2015年、籠池容疑者側が小学校建設地である国有地の地下から出てきたごみを、およそ1億3,200万円かけて撤去。
この費用相当額を、国が2016年4月、有益費として、籠池容疑者側に支払ったことから始まる。
今回入手した音声は、その1カ月後の2016年5月、籠池容疑者と国側の近畿財務局・池田前国有財産統括官とみられる人物が、国有地売却価格をめぐり、値下げ交渉をしている様子を収録したもの。
4369.jpg
(2016年5月のやりとり)
池田 靖国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃられている『0円に近い』というのが、どういうふうにお考えになられているのか、売り払い価格が0円ということなのかなとは思うんですけど、私ども、以前から申し上げているのは、『有益費』の1億3,000万円という数字を、国費として払っているので」
諄子容疑者「それは当たり前やん」
池田 靖国有財産統括官(当時)「その分の金額ぐらいは、少なくとも売り払い価格は出てくる、と。そこは何とかご理解いただきたい
会話からは、籠池容疑者側が国有地をただで得ようとするも、国側は有益費1億3,200万円は下回れないと主張している内容がうかがえる。

すると。
(2016年5月のやりとり)
籠池泰典容疑者「1億3,000万円がうんぬんというよりも、ぐーんと下げていかなあかんよ」
池田 靖国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃる0円に近い金額まで、私はできるだけ努力する作業を、今やっています。だけど、1億3,000万円を下回る金額にはなりません。
諄子容疑者「そらおかしいわ」
具体的な金額が飛び交う交渉。
この音声が記録されたのは、国側が依頼した不動産鑑定士が、国有地の鑑定価格を9億6,000万円と査定する、1週間ほど前

つまり「答えありき」で売買交渉が行われていたことがうかがえる
そもそも、なぜ籠池容疑者が、ここまで値下げを強く要求できるのか。
その強気の訳は、さらに2カ月前の2016年3月、敷地内から「新たなごみ」が見つかったことが理由とみられる。

そのころの音声データも残っていた。
(2016年3月のやりとり)
籠池泰典容疑者「反省してるの?」
池田 靖国有財産統括官(当時)「僕ですか?」
籠池泰典容疑者「反省してないんだったら、『わたしはそんなつもりじゃありませんでしたから』で終わっちゃうんだけど? 民間企業なら、頭下げて『申し訳ございませんでした』って言うやつよ」
厳しい口調で詰め寄る、籠池容疑者。

(2016年3月のやりとり)
同席した大阪航空局「今回出てきた産業廃棄物というものは、国の方に『瑕疵(かし)』があることが判断されますので、その撤去については、国の方でやりたい」
責任を認めた国側は、この1カ月後の4月に、撤去費用を8億2,000万円と算出
そして5月31日、国側が国有地の鑑定価格を9億6,000万円と査定。
結局、当初のごみの撤去費用1億3,200万円を、わずか200万円上回る、1億3,400万円で契約が成立した。
これまで国側は、土地の売却額について「土地の鑑定価格から新たに見つかったごみの撤去費用を引いた額」としていた。
しかし、今回の音声データからは、事前に調整をして、国が支払った有益費1億3,000万円と同額程度という売却価格ありきで、8億円の値引きは「つじつま合わせ」だった可能性が。
que-13172806953.jpg
-------------------------------------------------------------------------
なんで国は、ここまで卑屈になって9億6千万円の土地を、1.億3千万円で我慢して買ってくださいと哀願しなくてはならないのか?
この件が表ざたになる前の話である。
なんの弱みを握られているのか?
係官一人ではできることではありません。バックに誰がいるのか?
このまま素通りはさせてはならない。
例の佐川国税庁長官は引きずり出して、懲戒免職にしなければならない。
そうすれば、今度はべらべらとしゃべりだすだろう。
それにしても、このおっさん、いろいろな秘密兵器を持っているなぁ・・・・
まだまだ、安心できませんへ~、そこのあんた!


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

ホリエモンロケット飛ばず

「ホリエモンロケット」MOMO初号機、宇宙へ届かず」

o-MOMO2-570.jpg

完成したロケットの前で撮影に応じるインターステラテクノロジズの稲川貴大社長=7月26日、北海道大樹町


北海道のベンチャー企業が開発した全長10メートルの観測ロケット「MOMO初号機」が7月30日午後4時すぎに打ち上げられた。成功すれば、民間単独による国内初の宇宙空間到達となる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の主導で進められてきた日本の宇宙開発に一石を投じるか注目される。

horiemonrocket.jpg

開発したのは北海道大樹町の「インターステラテクノロジズ」(稲川貴大社長)。創業者は元ライブドア社長の堀江貴文さんで最大出資者。役員も務めている。このことからMOMOは「ホリエモンロケット」という名前でも知られている。

r-MOMO-large570.jpg

共同通信などによるとMOMOは全長約10メートル、直径50センチ、重さ約1トンで液体燃料の1段式。発射から約4分後に高度100キロ以上に達し、約7分後に約50キロ沖の太平洋上に着水する計画だ。人工衛星は載せておらず、先端部にある観測機器で、高度や位置などを確認するという。


インターステラテクノロジズの公式Twitterは打ち上げ直後、「打上げ中にテレメトリが途絶したため、緊急停止を行いました」と発表した。NHKニュースによると、ロケットからデータが得られなくなったためエンジンを緊急停止し、ロケットは、海上に落下したと見られるという。 (2017/07/30 16:45)


それにしても、多くの人たちが見学している。残念ながら濃い霧で見学者にはロケットが飛ぶところは見えなかったようです。
うらやましく、盛夏に防寒着で見学のようです。
まぁ、皆さんを十分楽しませてくれたのでは?

北朝鮮のロケットと同じだね。
しかし、ホリエモンは許されて、北朝鮮は許されない理由は何?
金正雲が言う「傲慢(ごうまん)な米国の顔を殴りつける決断をした」と反米が許されない理由だろう。
ホリエモンを見習ってお祭気分でやれば良いかもよ~



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート英語版(7/31)

西側システムの失敗とその解決方法



読者へのお知らせ


私の年次休暇のため、今後の二つの報告はそれを報告しなければならない予期せぬ出来事が私の休日を邪魔しない限り、事前に書いておいたものとなる。


今では、西側の指導力と政府システムにおいて何か深刻な間違いがあったことは、実際に頭を使っている人々にとっては明らかなことである。これは、永久的な戦争に陥っている一方で、1960台の後半から実質生活水準が低化してきている米国にとって、特に当てはまる。米国においては、支配者階級が、国民の10%以下しか議会やメディアを信用しないと言うレベルまで大衆を阻害してきた。怒りの中心的な原因は、支配者階級の下位グループ、私がハザールマフィアと呼ぶ人々が、人類を奴隷にして彼ら自身を支配者たちのように神に変える計画であった。


米軍と機関ホワイトハットがこれを理解し、ドナルド・トランプ政権でみられる行動をとった。しかし、トランプは破産企業の最高経営責任者(CEO)を引き継いだだけであり、一生懸命努力はしているが、避けることができない、正式に米国破産を宣言することを行っていない。つまり、それは破産していると言うことである。


米国は1976年以来、世界貿易赤字に陥り、累積貿易赤字は10兆ドルを超えている。米政府が19.1兆ドルの負債を抱えていることに加え、未払い債務は128兆ドル、すなわち米国のGDP18兆ドルの7倍である。そのことが、米企業政府が、その完全子会社のプエルトリコが1230億ドルのデフォルトで倒産した時の2017年5月3日に事実上倒産した理由です。


これが意味するところは、ドナルド・トランプがどんなに一生懸命試みても、最初に破産を宣言しなければ米国の問題を彼は解決できないと言うことである。


しかし、米国を破産させることは他の国を破産させるようには行かない。例えば、破産を宣言すると世界中の800ほどの米軍基地を米国が運営することが不可能となる。この著者が10年前に米国を破綻させると言う考えに同意するために初めてアジアへ行ったときに、米軍は代理人を派遣してきて、米財政が遮断されれば、中東のオイルのアジアへの供給を遮断すると説明した。これは数年にわたって続いたメキシコの崩壊に繋がった。


世界で最も強力な国々の間のこのような高いレベルのぶつかり合いに出会って、この著者は直接この惑星を運営している人々を見ることができた。以下の情報は、10年間にわたるCIA、NSA、P2フリーメーソンとっじ、MI6、アジアの秘密結社等と会合に基づくものである。


最近まで、デイビット・ロックフェラーがこの惑星地球の秘密のリーダーであった。彼はビルダバーググループ会議、外交評議会、三極委員会の議長を務めてきた。さらに、様々な基盤を通じて、フォーチュン500社を支配してきた。これに加えて、彼はイタリアの王女と結婚したので、カトリック教会とマフィアを支配するバチカンP2ロッジにも巨大な影響を与えた。ロックフェラーは彼の甥のビル・クリントンを大統領に変える力を持ち、失敗したが彼の娘のヒラリー・クリントンを大統領に変えようと非常に頑張った。


ロックフェラーを旧権力構造のNO.1とすれば、ジョージ・ブッシュはNO.2であった。ブッシュはCIAのほとんどと、年間2兆ドルの世界麻薬取引とほとんどの武器産業を運営した。彼の息子ブッシュ・ジュニアが2000年に大統領に選出された時に、911を上演することでロックフェラーを失脚させ、米国にナチ政権を押し付けることができた。


ロックフェラーは2008年に、ブッシュ・ジュニア大統領府が災難に陥った後、彼の家の奴隷バラク・オバマを大統領に据えて、支配を取り戻した。


しかし今、ロックフェラーの死は世界権力の頂点で巨大な空白を創り出した。ジョージ・ブッシュ・シニアは彼のナチグループの大量虐殺計画で広範な嫌悪感があるため、彼は支持を失っている。彼に近い情報源によると、彼は年老いているが明晰さに光るものがある。だが、ナチはすでに彼を総統と考えてはおらず、もはやNO2でもNO3でもあり得ない。ナチは今は、世界覇権を求めていないことは明らかだ。


だから、ロックフェラーの死とブッシュ・シニアの失墜は西側権力の最高位は誰にでも手に入ることを意味している。


米国の真空を埋めるべく動いたグループは、血統支配に反対し、フランス革命、米国革命とロシア革命を賞賛すると主張するグノーシス・イルミナティである。彼らは完成まじかである米国内の高レベル血統奉仕者の廃除に繋がった。彼らの上位者はエリザベス女王、フランシス法王とドイツ首相アンゲラ・メルケルである。欧州人は彼らの嘘の炭素地球温暖化原因説を使って、その実行に非常に近づいた。


同時に、彼らにとって成り上がりものの米国のライバルの凋落によって元気づけられて、欧州血統家族はロックフェラー、ブッシュの空白を埋めるために強力な圧力をかけた。彼らのトップにいるのはエリザベス女王、フランシス法王とドイツ首相アンゲラ・メルケルである。欧州人は、パリ協定を実行するために、嘘の炭素原因説の地球温暖化計画を使うことに非常に近づくことができた。このことは、彼らによって支配される世界政府を創り出すことになるが、中国に大きな権限を与えることになるだろう。


このグループの力は、G20の内19か国がこの詐欺を支持した6月初めのG20会合で証明された。しかし、グノーシス。イルミナティの支持なく、そして科学的根拠なくして、この炭素詐欺は失敗する運命にある。グノーシス・イルミナティはトランプ政権と米軍産複合体の両方を支配しており、彼らの代理人を使い、欧州の血統支配を攻撃し、現在米国内の彼らの排除はほぼ完了している。


しかし、今は法王、エリザベスとメルケルに代表される欧州王室血統家族と、トランプによって代表されるグシス・イルミナティとの間で睨み合いをしている。


一方アジアでは、中国は今代替エネルギ輸入網を構築しており、たとえ中東の石油が遮断されても操業を継続することができる。アジア同盟はまた、欧州をアジア・インフラ投資銀行と一帯一路の公共事業へ参加させることができた。さらに中国はアフリカやその他の発展途上国において莫大なインフラ整備を行っている。なによりも中国は米国の最大債権者であり、その気になれば米国を破綻させることができる。


もちろん、米国は依然として第三次世界大戦を始めるカードを持っているが、それを使うことは惑星を破壊することに繋がるので、米国側はロシアをキリスト教(白人)同盟に参加させようとしている。ロシア人を惹きつける為に、中東の半分と欧州(英国を除く)の覇権を譲渡した。米国はまた、依然として日本と北朝鮮を含む朝鮮半島を支配している。アメリカはまたひどくインドを追及している。


全体的な結果として、東西の間にはメキシコの膠着が依然として存在している。


この秋の重要な戦場は日本である。それは米国にかろうじて支払い能力を保たせている日本の郵便貯金、農協預金、個人年金等からの金である。しかし、安倍晋三傀儡政権は実際世論において10%以下の支持率しかない。第二次世界大戦の終結以来、米国占領当局が日本を支配するために使用した韓国の代理人にも驚くべきことに憤慨と怒りがある。6月の東京都議選で示されたように、次期総選挙においては長期支配傀儡の自民党は一掃されるであろう。


白龍会はこの秋には日本の政権交代を推し進めるために一生懸命努力している。目的はドナルド・トランプ政権はあまりにも遅すぎるので、米国の真の政権交代を強制することである。


第二次世界大戦後に設定された世界体制を、現在の人口統計と経済実態をより反映するために改造するのに必要なことは、米国の破産を公式に宣言することである。白龍会はまた、ハザールマフィアのような国際犯罪者が不法な戦争、略奪やその他の反社会的活動に従事できなくするために、世界は最低限の共通ルールを必要としていると考えている。白龍かはさらに、西洋とアジアの良質な象徴としての血統支配は能力主義と共存できると考えている。


白龍会は、祈年祭、一度限りの資産の再配分、惑星の大掃除の大規模キャンペーン、そして宇宙への拡大への体系的取り組みを初めとして、新黄金時代の始まりをサポートします。西洋中心を置き換えた新しいカレンダーも、新しい時代の始まりに役立つ。


-------------------------------------------------------------------------------------------
生活費もないとカンパを求めておいて、どこかでバカンスだそうです。


いつものように夏休み中は解説です。政治家の評価はころころ変わるので疲れますが、ここに書かれていることは、私も本当のことと思います。ただし、残念ながら詳細は分かりません。


例えば、


・グノーシス・イルミナティとトランプの関係


・エリザベスとフランシス、メルケルの実際の具体的関係


・日本の資金供出の実態、本当のこと


・パリ協定酸化の中国の本音と、反対する米国の本音


・それと、いつもきれいごとばかりの白龍会の本音


教えてください。


黄金時代に必要なのは、新しい中国式のカレンダーじゃないでしょ。


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村