嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

森田ー安倍会談

今年も愛知サマーセミナ-が開催された。(場所:同朋高等学校・同朋大学・名古屋音楽大学、他)
愛知サマーセミナーとは(主催者HPより)
*愛知サマーセミナーとは、20年以上続いている地域市民と学校が結びついた市民参加型セミナーです。略して「サマセミ」と呼ばれ、親しまれています。下記のような特徴が挙げられます。
誰でも先生になれる
誰でも生徒になれる
無料で学べる(※1)
父母・教師・生徒・NPO法人が協働運営
圧倒的な講座数
バリエーション豊かな講座
教室内のみならず、フィールドワークも多彩

その中で、講師を招待しての特別セミナーも行われる。
政治評論家 森田実さんは毎年講演されている。
今年の講演は7/16AMに同朋大学の教室でありました。
以下、その聴講録です。
P2017_0716_110832.jpgP2017_0716_123116.jpg
本日は、13昼に首相官邸に呼ばれて、総理と二階幹事長と昼食を取りながらの歓談をしてた内容を全て喋ります。
6/末に携帯に、見知らぬ番号の着信記録があった。(会議中だったと思う)
折り返し電話をすると、相手は首相秘書官の今井さんであった。
大変評判の悪い、悪党のように言われている方ですが、私はそんな感じは受けなかったが。
以前に二階さんと安倍さんで会食したことがあるので、二階さんを通してお会いしましょうとなった。

首相官邸の小部屋に円卓に三人で座り、
総理がしゃべりだした。
安倍さんは相当参っているという感じであった。
予算委員会に出席する決心をした直後のような気がした。
「森田も総理に丸め込まれた」とまた言われそうだが、話を聞いていて、安倍さんが支持をしたのではないと感じた。
山口県の道路はそれはそれは立派で、総理が支持しなくても官僚が勝手にやってゆく。
官僚としてはご機嫌を取っておかないと、いざというときに意地悪をされるのでやりにくくなる。
「忖度」である。
何をやったら喜ばれるか、官僚は常に研究している。
(以下は、はっきりとこんな話が出たという話し方ではなかったが、こんな質問が出てこんな風に答えたとお話しされたと受け止めた)
15日の時事通信の支持率29.9%はとっくに知っていたようであり、今後はどんな展開になるか?(こんな質問があったと思う)
⇒①批判勢力が出るかどうか、党内の亀裂ができるかどうかが政治あk都市は問題である。
 ②石破さんが動いたが、調べるとまだ6人程度であり、今のところ亀裂には至っていない。
 ③小池百合子さんが都政を放り投げて国政へとはあり得ない。都民の総反発を食らう。
今のところ、党内の過半数を握っているのではないか。
ただし、加計孝太郎は自ら降りるべきである。せめて一時中断延期すべきである。
⇒お二人とも沈黙で回答はなし。
稲田は相当おそまつ(ぼろくそ)自ら辞めるべきであるが、せめて進退伺を出すべきである。
羽生田には迷惑をかけたと言う気がない。この理屈がない。
下村も同罪である。

大衆運動による倒閣ではなく、何故解散で勝負しないのか?
すべきであり、与野党ともにその声はない。
吉田茂はすべて「解散」で勝負した。
自衛隊は憲法に調和している。
憲法改正の手順は
①衆参各院の議員総数の2/3が必要(投票数ではなく定数である)
②国民党投票の過半数(賛成票と反対票の総数に対する)

今の実態からして①も②とても無理である。
逆に否決されたら自衛隊が違憲になってしまう。
「自民党は解散する気はありません」
*大昔、戦争体験の取材をしたとき、まったくの沈黙であった。
それが最近は表に出てきた。
その理由は「憲法改正」問題である。
このままではいけないと言う思いであろう。
安倍は断念せざるを得ない。
長期政権は強制力でことを進めようとする危険性を孕んでいる。
「権力は強大し、戦争へ向かう」

人事がダメ
佐藤栄作は人事に対して必勝必罰で人事に厳しかった。だから長期政権が可能となった。
何故、稲田を切らない!

オリンピックについて
「和を持って貴し」の国であり、足の引っ張り合いは止めたらどうか。
オリンピック会場に行っても何も工事をしていない。
最も東京オリンピックが純粋な気持ちでやったとは思えない。(石原慎太郎)
秩序がなくなった。
議論されるべきものが議論されていない。

今井秘書官からは「総理を叱ってやってください」と言われた。
権力者は謙虚でなければダメだと言う話をした。
「批判する人をも尊敬しなければならない」
安倍も参っているという感じであった。
ここでいい反省ができるかどうか。
「ある時命がけの政治の取り組み」がないと、国民の共感は得られない。
多様性を認めなければならない。
(今までの安倍の行動に対する諫めですね)

歩ければ、来年も来ます。
P2017_0716_123557.jpg
---------------------------------------------
最後は本当にいい話です。しかし、変わるならとっくに変わっているはず。無理である。
どうせ、また、私は言っていないとかレベルの低い話をするんだろうね。
自分の山梨の別荘に加計孝太郎を招いて、羽生田と接待したじゃないか。
接待すると言うことは、何か頂いたお返しと思うのが普通です。
そう思われたくないなら、「李下に冠を正さず」と言うご存知だと思いますが名言があるじゃないか。
特区で利害が絡むなら、会うべきではなかった。
指示はしていないが、知っていたはずである。知っていて為さないの「無作為の作為」であり、宰相にあるまじき行為である。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

急転直下、何が起こった?

急遽、安倍出席
"

自民党竹下国家対策委員長が安倍に、断ると電話を入れたら、『予算員会に出てもいいよ』と言うことだったので閉会中審査を開催することにしたらしい。
民進党は閉会中審査を受けて、さらに疑惑が深まったとして予算員会への安倍総理の出席を求めていた。
竹下氏は「民進党との国会対策委員長会談では開催を断ったが、安倍総理大臣がみずから説明する意思があるとはなしたことを我々は重く受け止めて、予算員会を開催する方向で、これから調整したい。時間配分については、与党と野党で1対1というのを譲るつもりはない」と述べました。
開催は必要ないとしていた竹下さん、自民党は時間はいらないので、野党さんに差し上げるくらいのことを言ったらどうだ。「何ら問題がない」なら、なおさらだ。
竹下氏のこの落ち着きのなさは、何を意味している?

急転直下何が起こったのでしょうか?
・安倍が覚悟を決めて、直前で緊急入院することで収めようとしたか
・自民党が安倍を捨てたか
どちらにしても、安倍が生き残れる道はないと思う。
今回、仮に言い逃れできたところで、選挙のたびにずるずると党勢は落ち、自民党消滅まで国民は止めないだろう。
ここを読めるかどうかである。

そうなったら、こんな話が飛び出した。
3225.jpg

【噂】ジャーナリスト・田中稔氏「安倍首相が火だるまになる爆弾ネタを某誌が仕込み終えた」
   有田議員「加計問題についてデカいスクープがもうすぐ出る」
まだまだ、攻撃は続くと言うこと。

さて、安倍の方も黙ってはおらず、早速手を打ってきた、素早い(笑)
時事通信「首相動静(7/13)」
午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前9時46分、私邸発。
 午前9時58分、官邸着。
 午後0時2分から同1時25分まで、二階俊博自民党幹事長、政治評論家の森田実氏と昼食。
 午後2時1分、林幹雄同党幹事長代理が入った。同22分、金杉憲治外務省アジア大洋州局長が加わった。同40分、林、金杉両氏が出た。
 午後2時41分から同3時23分まで、森健良外務省北米局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。
 午後3時24分から同44分まで、岸田文雄外相。
 午後4時50分から同5時1分まで、北村滋内閣情報官。
 午後5時2分から同20分まで、外務省の杉山晋輔事務次官、上村司中東アフリカ局長、岩井文男駐イラク大使。同21分から同30分まで、杉山外務事務次官。
 午後5時33分から同55分まで、神津里季生連合会長と会談。塩崎恭久厚生労働相、加藤勝信働き方改革担当相同席。同6時43分、官邸発。同49分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」着。同ホテル内のレストラン「WASHOKU 蒼天」で田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。
 午後9時53分、同ホテル発。
 午後10時10分、私邸着。

 14日午前0時現在、私邸。来客なし。(2017/07/14-00:20)
紀尾井町のホテルの「WASHOKU 蒼天」にいつものすし友を集めてご接待。
ご苦労様です。相も変わらず、新聞に出なければ問題ないと言う、ノー天気さが哀れです。
大手マスゴミが報道しないのに、ここまで追い込まれたと言う事実確認ができていない、怖いんだろうね。
これだけ、大手マスゴミにも裏切られつつあるのに、相も変わらず同じ手を、おめぇらも舐められたものですね。
ところで、森田実が何しに行った??二階幹事長と一緒か・・・・・
こちらのほうが微妙。すし友に??来週名古屋で、彼の講演会がある。
民進党の鋭さが要求されている、国民は見ているよ。
まぁ、こんなことで物事変わらないけどね。頑張ってください。
でも、結局ムーニーマンになる気がする。
abe.jpg
悪いことをしていると顔が汚くなる。あの時と同じだね。
常に矜持をもって、公明正大、謝るとこは謝る、自分に言い聞かせている。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


雲隠れ理事長発見

雲隠れ理事長発見


20170711-00523681-shincho-000-2-view.jpg


週刊新潮がヒットです。
以下、デイリー新潮から抜粋転載です。
加計理事長が潜伏生活をおくっているのは、岡山市内のとあるマンションだ。7月8日午後5時半過ぎ、妻が運転する車の助手席に乗った加計理事長は、マンションから5キロほど離れたスーパーへ。他の買い物客は誰も、それが疑惑の渦中にある人物だとは気づかない。
  買い物を終えてふたたび車に乗り込んだところを直撃するも、記者の質問には何も答えず……。自ら範を示すべき教育者が都合の悪いことには口をつぐんだままで許されるのだろうか。


(お姉さますいません。勝手に写真を拝借しました)
「弟とは6年前から一度も会っていませんし、話してもいません」
 岡山市内の自宅を訪ねると、美也子さん(68)が言葉少なに語り出した。

「原因は仕事上の問題。法人運営の考え方の違いによるものでした。私が仕事のやり方に苦言を呈し1.jpgて、彼がそれを嫌がり、家を飛び出して行ったのです。それ以来、住所も教えて貰っていませんし、年賀状のやり取りもないので、どこでどう暮らしているのかすら知りません」

現在、保育施設から大学まで30を超える学校を経営している加計学園グループは、孝太郎理事長率いる加計学園系列と、美也子さんが理事長を務める順正学園系列とに分かれている。
美也子さんが堅実な経営をする一方で、孝太郎さんは千葉科学大学をつくったり、獣医学部の新設を目指すようになったりと、拡大路線に走っていましたからね。で、今では両学園は完全に決裂しています
「孝太郎さんは09年に、長年連れ添った奥さんと離婚し、翌年に20歳近く年下の女性と再婚しました。それに3人のお子さんと、母親の晃子さんが反対したんです。もともと晃子さんと孝太郎さん一家、美也子さん一家は同じ敷地内で暮らしていたので、再婚相手が姑と上手くいかなかったことも、家族と離れる原因になったのでしょう」
---------------------------------------------------------------------------
国会への招致の話も決まりそうですから、週刊新潮がすっぱ抜いたというところか。
「一点の曇りもない」というなら正々堂々どこへでも出てくれば良い。
国会招致が決まれば、総理大臣は出席しないそうですから、これでしっぽ切りが完成したら、一般的には
加計理事長はべらべらしゃべりだす。籠池さんのように。
こそこそと、何を待っているのでしょうか?理解できません。
これだけ話が大きくなり、証拠もどんどん揃い、
8月には文部科学省は不認可にするはずです。
今治市議会も拒否するはずです、市長は当然、リコールになるでしょう。
それでも知らぬ存ぜぬが効くとお思いか?
自民党が解体されるまで、居座るつもりだろうか?
周りもだらしがない限りです、引きずりおろすべきである。


1972.png


週刊新潮は本日発売です、皆さん買ってくださいね、御苦労さん賃です。


自民党が解体され、民主党も解体されて、共産党が残念ながら支持を受けきれなくて、
さて、どうなるのでしょうか?
楽しみです~

ZF3O0l8.png

(ちなみに、理事長さんはこそこそとカレー(バーモンドカレー)とスイカを購入のようです。すいません、ちょっと趣味が悪かった)
<



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村