嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

2017年11月のブログ記事

  • フルフォードレポート英語版(11/28)

    ベンジャミン・フルフォードは海兵隊のCIA本部襲撃から引き出される莫大な起訴可能な情報が得られると言っている 皆さん、善人は勝つ、そして、最後の洗脳奴隷がハザール人負債奴隷マインドコントロール基盤から解放され、犯罪者たちが逮捕されるのはそう遠いことではない。 先週、バージニア州ラングレーのCIA本... 続きをみる

    nice! 0
  • 暇つぶしに

    そもそも不必要な値引きだった 日刊ゲンダイより抜粋転載 「ごみといっても、工事に支障をきたすコンクリートもあれば、何の障害にもならないビニール片、廃材もあります。工事に支障のない地中埋設物は瑕疵に当たらないという判例があります」 宅地の売買で、家の土台で使われていたコンクリートが見つかり、除去工事... 続きをみる

    nice! 1
  • 値引き額 会計検査院調査結果

    会計検査院結論 ゴミ費用の8億円値引きは、裏付けは確認できなかった。 悪質な部類に入るか?⇒検査院院長「こういうケースは極めて異例だ」 立憲民主党福山幹事長 国会で、安倍総理、財務省、航空局が 適切な処理をしたと言い続けた。根拠あると言い続けました。 再度、国会での場で検証しなければ、国民は納得で... 続きをみる

    nice! 1
  • 海兵隊がラングレーのCIAの本部に上陸か?

    海兵隊はラングレーのCIAに踏み込んだのか? 2017年11月20日 私が2017年11月18日にジョージ・ウェブのyoutubeチャンネルで私がコメントしたことを報告した。そこで私は海兵隊が我々の大統領を保護していると述べた。私は展開している様子を読んだり聞いたりしていたことについて私自身で確認... 続きをみる

    nice! 1
  • フルフォードレポート英語版(11/21)

    西側の邪悪となった悪魔ハザール徒党の掃討は止められない速度で加速している。最も重要なことは、国防総省情報筋が、海兵隊が先週、CIA本部を襲ったと言う複数のインターネット報告を確認していることである。目的の一つは、グーグルやフェイスブックなどのマスメディアを大規模マインドコントロールに変えたCIAグ... 続きをみる

    nice! 1
  • 加計問題審議

    加計問題審議 立憲民主の逢坂議員の獣医学部新設の「石破4条件」について質問⇒長坂内閣府特区担当大臣総務官は書類を棒読み、事務方と何度もひそひそ話  12回も審議が止まった。速記停止も7回、事前通告質問である。 官僚も含めて、よほど答えに窮して、何とかすり抜けようとしたのだろう。 一方、林文科大臣は... 続きをみる

    nice! 1
  • 女の浅はかさ

    代表が降りて、意味の分からない共同代表が代表になると言うのは事前のストーリー? 石破を支持して安倍に疎まれて、自民党を離れて都知事にうまく当選。 さらに都民ファーストで絶頂に。 ここまでは反自民、反安倍で国民の支持を受けた。 ここで勘違い、自分が支持を受けたと思ったのだろう。初の女性総理などとマス... 続きをみる

    nice! 1
  • 突然ヒラリーが騒がしいが

    ロシア疑惑はむしろクリントン ZAKZAKより抜粋転載 米国では現在、クリントン・ファミリーの「ロシア・スキャンダル」が大爆発している。  ドナルド・トランプ大統領の「ロシア・ゲート問題」は、すでに実体がないことが明らかになった。これに対し、新たに発覚したクリントン夫妻の「ロシア・ゲート問題」は、... 続きをみる

    nice! 1
  • フルフォードレポート英語版(11/14)

    引き摺り下ろされるハザール暴徒:数百人の米逮捕者に続く、数百人のサウジ逮捕者 ベンジャミン・フルフォード 白龍会 ハザール暴徒の大掃討は、サウジの王子、将軍と政治家数百人の逮捕が今、米国の上級ハザールギャングに対する842件の密告によって続けられていることが、米国防総省、CIAその他の情報源によっ... 続きをみる

    nice! 1
  • トランプープーチン会談の成果

    Met with President Putin of Russia who was at #APEC meetings. Good discussions on Syria. Hope for his help to solve, along with China the dangerous N... 続きをみる

    nice! 1
  • うさばらしではありません

    うさばらしではありません トランプ来日で唯一あのBBCニュースで世界に配信されたものです。ご覧ください。光栄なことです。 ちょっと傾斜がきつかったですね。けがなくてよかった。トランプ大統領も見て見ぬふりをしてくれました。感謝ですね。 楽しそうに報道してくれてもいます。よかったね。でもね、徹底的に北... 続きをみる

    nice! 1
  • 習体制は万全か?

    中国というのは共産党による独裁国家です。中国政府の上に共産党が位置します。 共産党では政治局が全体的な意思決定を行いますが、政治局の動きを決めるのは7名の政治局常務委員です。この7名が実質的に中国の最高指導者ということになる。 習政権の一期目は、習と対立していた胡錦濤前国家主席を中心とする共産主義... 続きをみる

    nice! 1
  • 何か起こりそう・・・・

    【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は9日、ユン北朝鮮担当特別代表が先月30日、オフレコの会合で、北朝鮮が核・ミサイル実験を60日間停止すれば、米国は直接対話に向けたシグナルと見なす考えを示したと報じた。発言が事実なら、トランプ政権が北朝鮮核問題の外交解決に向けた対話再開の条件を提示... 続きをみる

    nice! 1
  • とうとうやる気です。クーデターが起こる。

    田中隆作ジャーナルより転載させていただきました。 「国家の崩壊」加計認可 痛々しい林文科相の記者会見 忸怩たる思いだったのだろう。林大臣は悔しさを噛み締めるような表情で記者会見室を後にした。=10日、文科省 撮影:筆者=  林芳正文科相は、きょうの定例記者会見で、大学設置審が加計学園・今治獣医学部... 続きをみる

    nice! 1
  • フルフォードレポート英語版(11/6)

    トランプがアジアで安全なので、八ザール暴徒の掃討は激化する 米国とアスジアラビアにおける逮捕と掃討によって、ハザールマフィアの掃討は引き戻せない転換点に差し掛かっていることは、疑う余地が全くない。 中東では、イランに繋がるヒズボラが今、サウジの傀儡首相サアダ・ハリリが辞任を余儀なくされた後、レバノ... 続きをみる

    nice! 0
  • 時事放談 だいぶ変わったね

    第四次安倍内閣 村上:自民党は手放しで喜んでいいのか?    敵失で勝てたようなものだ。    奢るものは久しからずになる。 藤井:質問時間、会期の話は国会に出たくない気持ちが表れている。    角栄さんは国会とは一年中やっているのがいいんだ。 謙虚な姿勢 村上:梶山静六さんは佐川問題で大変だった... 続きをみる

    nice! 1
  • 圧勝なのに浮かぬ顔

    圧勝なのに浮かぬ顔 高野孟のTHE JOURNAL より抜粋加筆してご紹介します。 先の衆院総選挙では圧勝したというのに、メディアに登場する安倍首相には笑顔がない―。総理の「浮かない顔」、一体何が原因なのでしょうか。ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の中で... 続きをみる

    nice! 1
  • 反安倍連合への期待

     自民党の船田元衆院議員は30日、自身のホームページで、政府・与党が11月1日召集の特別国会で実質審議を行わず、8日に閉会すると提案したことを批判した。安倍晋三首相や与党幹部らが「丁寧に、真摯(しんし)に対応していく」という趣旨の発言を繰り返していることに触れたうえで、「特別国会を最小限で閉会にし... 続きをみる

    nice! 1
  • トランプと反ファシズム集会

    11月4日の反ファシズム集会について ベンジャミン・フルフォード 観察者より。2つの面白いことを発見 1.添付は11/4の反ファシズム集会計画の完全なリストです。 2.これは基地の予定に基づく推測と結論であるが、私は11/4に太陽コロナ大質量放出の偽旗目的を見出した。 トランプが11/5に日本へ行... 続きをみる

    nice! 2
  • フルフォードレポート英語版(10/30)

    トランプはジョージ・ブッシュ・シニアとP2フリーメーソンをケネディの暗殺者たちとして名指しすることを恐れているのか? 米企業大統領ドナルド・トランプは先週、彼は大統領ジョン・F・ケネディの暗殺にかかわる記録を、まだ生きている人についても名前と住所以外のものを全て公開すると発表した。言い換えれば、彼... 続きをみる

    nice! 1