嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

崩壊への最終章

安倍首相を痛烈批判 15年寵愛のNHK美人記者“反旗”の衝撃なにがあったのか――。
d4f4adcbfcf9410f3cca04d6314eede520170909143623322.jpg
安倍首相が寵愛してきた美人記者が反旗を翻し臆測を呼んでいる。NHKの岩田明子解説委員が、最新号の文芸春秋に「安倍総理<驕りの証明>」という一文を寄稿しているのだ。

<なぜここまで凋落してしまったのか。十五年間にわたり安倍首相を取材してきた私には、その原因が安倍首相の「驕り」にあると思えてならない>
<権力は、時が経つと疲弊し変質する>

岩田解説委員は、8日夕方の「シブ5時」というニュース番組の中でも、「支持率低下の要因は政府の緩みとある種の驕り」「一時的な現象ではなく政府が変質していった結果」と、冷たく言い放っている。

「文芸春秋の原稿は、岩田さんの方から『書きたい』と急に言ってきたようです。どうやら、アッキーの秘書だった谷査恵子さんに対する対応について苦言を口にしたら、安倍首相にけむたがられ、それ以来、関係がこじれたようです。これまで岩田さんは、必ずと言っていいほど安倍首相の外遊に同行していたのに、今回の訪ロには同行していない。関係が悪化しているのでしょう」(自民党関係者)

安倍首相の周辺では、総理の側近中の側近である今井尚哉首相秘書官も、記者とのオフレコ懇談で<(安倍首相に)驕りが出てきたのは、総裁の任期が3期に延長が決まったところからだ>などと、安倍首相を批判している。さらに「日本版NSC」の谷内正太郎局長も辞任を願い出たという話が伝わっている。
6365.jpg
<script charset="utf-8" src="//platform.twitter.com/widgets.js" async=""></script>

相変わらす、真正面から自分を見つめなおすことができない性格は治らない。いくら反省してと言っても、まるっきり「晋三の反省」であることは国民が見抜いている。いくらごまかして、先送りしても、総選挙の時には大逆襲を食らう。自民党の諸君もそこが分かっていれば、傷の浅いうちに処置をしないと、もっと大変なことになる。もう手遅れだと思うが、遅ければ遅いほど、ダメージは申告になるだろう。このまま選挙では自民党は崩壊するだろう(してほしいが)。



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村