嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

今治も一枚岩ではない


 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐり、愛媛県と同県今治市の担当者が2015年4月、協議のため首相官邸を訪れた際、加計学園事務局長が同行していたことがわかった。また、面会の経緯を知る関係者は、官邸で対応したのが当時の柳瀬唯夫・首相秘書官(現・経済産業審議官)だったと朝日新聞に認めた。
この面会は、愛媛県と今治市が獣医学部新設を国家戦略特区に正式に提案する2カ月前にあたるが、その時期に、県、市だけでなく事業主体の加計学園が首相に極めて近い立場の首相秘書官と会っていたことになる。安倍晋三首相は国会で、県、市の特区申請は知っていたが、加計学園の獣医学部計画を知ったのは今年1月20日だったと答えた。だが、その約1年9カ月前、首相秘書官の柳瀬氏が県、市の計画が加計学園と一体であることを認識していた可能性がある
今治市がこれまでに公開した文書によると、市企画課長や課長補佐が15年4月2日、首相官邸を訪問。目的は「獣医師養成系大学の設置に関する協議」と明記されている。ただ、面会相手とみられる部分は黒塗りだった。また、愛媛県の中村時広知事は今月1日、記者団に、この面会に愛媛県の担当者が同行したと述べた。面会相手や内容は明らかにしなかった。
関係者の証言などによると、この面会に県や市の担当者のほか、加計学園事務局長も同席首相官邸で対応したのは柳瀬氏だった。柳瀬氏は当時、国家戦略特区やTPP(環太平洋経済連携協定)、地球環境問題などを担当していた。 面会での具体的なやり取りは不明だが、面会から2カ月後の15年6月、県と市は国家戦略特区での獣医学部新設を国に提案。16年1月に今治市が特区に指定され、17年1月に加計学園が獣医学部新設の事業者に認められた。

<script async="" src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <script async="" src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <script async="" src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><script async="" src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <script async="" src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <script async="" src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
ぼろぼろぼろぼろ、ウソがばれて行く。当然ですけど。
買収するなら市民県民全員を買収しなければ難しいよ。それでも無理か。

江田さん、ぜひ安倍を追求してください。
武士の情けだ、官邸で逮捕されるのではなく、せめて私人として私邸で逮捕させてあげる。
小沢さんの言う通り、「失礼しました」と言って、表から消えるところであると思う。
政治家の矜持と武士の情けだ。

官僚のウソも限界、かわいそう。



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村