嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

安倍夫妻も大阪地検特捜部も正念場

「ジャーナリスト同盟」通信より抜粋転載
plt1512130001-p2.jpg
世間では「安倍の女」などとささやかれていた人物が、事実上更迭されたことで、梅雨明けの雲間にわずかな青空が見えてきた、と評する向きもあるようだが、永田町に夏のすっきりとしたブルーの空が現れることはない。

「国民は安倍NOといっている。閣僚の首を挿げ替えても国民は踊らない」(清和会OB)
「大阪地検特捜部が籠池夫妻を逮捕したことに、一番抵抗したのは安倍夫妻」という意外な見方が、永田町の多数派である。理由は「蓋をしてきた事実が、つぎつぎと露見するかもしれないし、検察は籠池詐欺事件を立証する場面で、どうしても昭惠の事情聴取が必要不可欠。もしそうなったら、安倍が転倒することになる」

 「ファーストレディーが、詐欺事件関連で事情聴取となると、それこそちゃぶ台がひっくり返ったような大騒ぎになる。一連の安倍の嘘も通用しなくなる」

「安倍一強」が幻想になるや、間髪を入れずに籠池夫妻の逮捕に踏み切ったというのだ。

 その結果「籠池逮捕であぶり出されるのは安倍夫人の昭惠。このことは安倍の政治力低下を証明している。首を切られる金田法務大臣の最後っ屁かもしれないが、安倍の威令が検察に通用しなくなった証拠である」と清和会OBでさえも、大阪地検特捜部の決断に驚きの声を上げている。

籠池夫妻の詐欺事件を、より裏付けるために、どうしても昭惠からの事情聴取は必要不可欠となる。

 もしも、首相夫人ゆえに回避すると、これまた大変な騒ぎになろう。国会の場で追及される可能性も出てくる。同時に、世論の怒りは頂点に達するだろう。
thME2B3H0D.jpg
安倍からの100万円寄付の詳細も、その中に含まれている。事件の核心人物は、安倍の手先となった昭惠なのだ。そうなると、安倍夫妻の嘘と否定は通用しない。昭惠との細かいメールでのやり取りも明かしている。財務省を押さえつけるという「神風」によって、国有地をタダ同然に払い下げた事件の黒幕として登場する昭惠と安倍本人である。
th3R54ZCUJ.jpg昭恵の隠れ家
 もはや特捜部は後に引けない。方法はあるのか?唯一、官邸は法務大臣の力で押さえつけようとする。安倍一世一代の苦衷の人事に、永田町に緊張が張りつめている。

----------------------------
そうなんだ、あのロリータ編み上げタイツはアへの女だったのだ。知らんなんだ。
清話会のOBのある方の言うように
「国民は安倍NOといっている。閣僚の首を挿げ替えても国民は踊らない」
本当に意味が分かっているのかどうか。「李下に冠を正さず」とか言っているが、政治家の矜持を示し、「疑われた自分が悪かった」と辞任すべきである。
(もっとも、一気に特捜が攻め込むでしょうが^^)

籠池夫妻はファーストレディの深い関与を公言している。籠池事件を解明するためにはファーストレディの事情聴取が必要である。
新総務大臣におばさんはいかがするのでしょうか?
K10011085101_1708021911_1708021913_01_02.jpg
このまま避けては通れないよ、あべくん。
聴取されれば、いろいろと証拠をそろえてお待ちしているはず。
大阪特捜部が籠池夫妻を逮捕したと言うことは、そういう結果にならざるを得ない。
それを覆す力があるか、あへ。無理無理、、、天誅が下される。






励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

籠池砲 音声データ

生々しい、値引き交渉のやりとり

籠池夫妻逮捕から一夜。
森友学園をめぐる問題の、そもそもの発端は、鑑定価格9億6,000万円の国有地が、8億円以上値引きされ、1億3,400万円で籠池容疑者側に売却された問題。

FNNが入手した、籠池容疑者と近畿財務局の担当者の会話から、売却価格が事前に決まっていた可能性が浮上した。

近畿財務局・池田 靖前国有財産統括官は、駆け寄った記者に対し「お答えできないです」と話した。

費用をめぐるきっかけは、2015年、籠池容疑者側が小学校建設地である国有地の地下から出てきたごみを、およそ1億3,200万円かけて撤去。
この費用相当額を、国が2016年4月、有益費として、籠池容疑者側に支払ったことから始まる。
今回入手した音声は、その1カ月後の2016年5月、籠池容疑者と国側の近畿財務局・池田前国有財産統括官とみられる人物が、国有地売却価格をめぐり、値下げ交渉をしている様子を収録したもの。
4369.jpg
(2016年5月のやりとり)
池田 靖国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃられている『0円に近い』というのが、どういうふうにお考えになられているのか、売り払い価格が0円ということなのかなとは思うんですけど、私ども、以前から申し上げているのは、『有益費』の1億3,000万円という数字を、国費として払っているので」
諄子容疑者「それは当たり前やん」
池田 靖国有財産統括官(当時)「その分の金額ぐらいは、少なくとも売り払い価格は出てくる、と。そこは何とかご理解いただきたい
会話からは、籠池容疑者側が国有地をただで得ようとするも、国側は有益費1億3,200万円は下回れないと主張している内容がうかがえる。

すると。
(2016年5月のやりとり)
籠池泰典容疑者「1億3,000万円がうんぬんというよりも、ぐーんと下げていかなあかんよ」
池田 靖国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃる0円に近い金額まで、私はできるだけ努力する作業を、今やっています。だけど、1億3,000万円を下回る金額にはなりません。
諄子容疑者「そらおかしいわ」
具体的な金額が飛び交う交渉。
この音声が記録されたのは、国側が依頼した不動産鑑定士が、国有地の鑑定価格を9億6,000万円と査定する、1週間ほど前

つまり「答えありき」で売買交渉が行われていたことがうかがえる
そもそも、なぜ籠池容疑者が、ここまで値下げを強く要求できるのか。
その強気の訳は、さらに2カ月前の2016年3月、敷地内から「新たなごみ」が見つかったことが理由とみられる。

そのころの音声データも残っていた。
(2016年3月のやりとり)
籠池泰典容疑者「反省してるの?」
池田 靖国有財産統括官(当時)「僕ですか?」
籠池泰典容疑者「反省してないんだったら、『わたしはそんなつもりじゃありませんでしたから』で終わっちゃうんだけど? 民間企業なら、頭下げて『申し訳ございませんでした』って言うやつよ」
厳しい口調で詰め寄る、籠池容疑者。

(2016年3月のやりとり)
同席した大阪航空局「今回出てきた産業廃棄物というものは、国の方に『瑕疵(かし)』があることが判断されますので、その撤去については、国の方でやりたい」
責任を認めた国側は、この1カ月後の4月に、撤去費用を8億2,000万円と算出
そして5月31日、国側が国有地の鑑定価格を9億6,000万円と査定。
結局、当初のごみの撤去費用1億3,200万円を、わずか200万円上回る、1億3,400万円で契約が成立した。
これまで国側は、土地の売却額について「土地の鑑定価格から新たに見つかったごみの撤去費用を引いた額」としていた。
しかし、今回の音声データからは、事前に調整をして、国が支払った有益費1億3,000万円と同額程度という売却価格ありきで、8億円の値引きは「つじつま合わせ」だった可能性が。
que-13172806953.jpg
-------------------------------------------------------------------------
なんで国は、ここまで卑屈になって9億6千万円の土地を、1.億3千万円で我慢して買ってくださいと哀願しなくてはならないのか?
この件が表ざたになる前の話である。
なんの弱みを握られているのか?
係官一人ではできることではありません。バックに誰がいるのか?
このまま素通りはさせてはならない。
例の佐川国税庁長官は引きずり出して、懲戒免職にしなければならない。
そうすれば、今度はべらべらとしゃべりだすだろう。
それにしても、このおっさん、いろいろな秘密兵器を持っているなぁ・・・・
まだまだ、安心できませんへ~、そこのあんた!


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

ホリエモンロケット飛ばず

「ホリエモンロケット」MOMO初号機、宇宙へ届かず」

o-MOMO2-570.jpg

完成したロケットの前で撮影に応じるインターステラテクノロジズの稲川貴大社長=7月26日、北海道大樹町


北海道のベンチャー企業が開発した全長10メートルの観測ロケット「MOMO初号機」が7月30日午後4時すぎに打ち上げられた。成功すれば、民間単独による国内初の宇宙空間到達となる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の主導で進められてきた日本の宇宙開発に一石を投じるか注目される。

horiemonrocket.jpg

開発したのは北海道大樹町の「インターステラテクノロジズ」(稲川貴大社長)。創業者は元ライブドア社長の堀江貴文さんで最大出資者。役員も務めている。このことからMOMOは「ホリエモンロケット」という名前でも知られている。

r-MOMO-large570.jpg

共同通信などによるとMOMOは全長約10メートル、直径50センチ、重さ約1トンで液体燃料の1段式。発射から約4分後に高度100キロ以上に達し、約7分後に約50キロ沖の太平洋上に着水する計画だ。人工衛星は載せておらず、先端部にある観測機器で、高度や位置などを確認するという。


インターステラテクノロジズの公式Twitterは打ち上げ直後、「打上げ中にテレメトリが途絶したため、緊急停止を行いました」と発表した。NHKニュースによると、ロケットからデータが得られなくなったためエンジンを緊急停止し、ロケットは、海上に落下したと見られるという。 (2017/07/30 16:45)


それにしても、多くの人たちが見学している。残念ながら濃い霧で見学者にはロケットが飛ぶところは見えなかったようです。
うらやましく、盛夏に防寒着で見学のようです。
まぁ、皆さんを十分楽しませてくれたのでは?

北朝鮮のロケットと同じだね。
しかし、ホリエモンは許されて、北朝鮮は許されない理由は何?
金正雲が言う「傲慢(ごうまん)な米国の顔を殴りつける決断をした」と反米が許されない理由だろう。
ホリエモンを見習ってお祭気分でやれば良いかもよ~



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村