嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

嗚呼、悲しいではないか!の人気ブログ記事

  • 藤原直哉「コロナ大迷惑」

    コロナで大迷惑 ・中国の研究所がウィルスを漏らした(誰が?) ・共産党が隠した ・それでお手上げになった ・元に戻らない ・習近平なにをやったんだ ・中国は最初の患者12月1日⇒パニック1月末(二か月) ・日本は3月半ば以降にくるかも⇒どうなるのか? ・重症者がいると言う話はきかない ・火葬場があ... 続きをみる

    nice! 4
  • 風邪なみじゃない?

    開業医つれづれ日記より転載 冷静な解析です。「かねて感じている風邪程度」を立証しています。ご参考に、そして冷静に! 【新型コロナウイルス】新型コロナウィルスが他の感染症に比べてどのくらい恐ろしいのか、グラフで比較してみた【COVID-19】【2019-nCoV】 はじめに  新型コロナウイルスは恐... 続きをみる

    nice! 2
  • よくわからんインフルエンザ検査

    「誰もが保有している可能性」 医療機関に呼びかけ テレ朝NEWS https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000178768.html   「誰もが保有している可能性」 医療機関に呼びかけ テレ朝NEWS https://news.tv-... 続きをみる

    nice! 1
  • フルフォードレポート(6/24)

    ハザールマフィアの悪魔の夏至イラン生贄は大失敗に終わった イランで第二次世界大戦を誘発しようとするハザリアンの悪魔主義者による最新の試みは見事に裏目に出た。起こったことは、悪魔の夏至の火の生贄の日である6月21日にドナルド・トランプ大統領が悪魔チャバド偽ユダヤ人の命令に従ってイランへの大規模攻撃を... 続きをみる

    nice! 4
  • フルフォードレポート(7/8)

    ワシントン、ロンドンとローマの3大権力オベリスク(方尖塔)が落ちたので大勝利 ペンタゴンやその他の関係者によると、先週、ハザールマフィアが西側権力の中心であるワシントンDC、ロンドン、ローマの3カ所すべてで支配力を失ったため、人類が大勝利を収めた。それぞれの首都には、軍事力、財政力、そして宗教力を... 続きをみる

    nice! 2
  • 藤原直哉「国会がおもしろくなる」

    国会が面白くなる 音声再生 ・北朝鮮は12月末までに米国が非核化に応じなければ、今までの合意は覆す ・年末までに日米韓の体制に巨大な変化が来る ・英10月末合意なき離脱 ・ドイツ銀行の破綻⇒中国の破綻 ・10月から増税⇒景気悪化 ・自動車会社のリストラ続く(日産1万人、フォード1.2万人リストラ)... 続きをみる

    nice! 2
  • 大富豪から金を略奪、結構なことである

    板垣ブログの無料部分 ◆〔特別情報1〕  「人を裏切るのを何とも思わない人でなし」の安倍晋三首相が、日米同盟関係にあるトランプ大統領を裏切り、何の相談もなく出し抜いて、北朝鮮(金正恩党委員長)と先に国交回復しようといろいろと画策をしているという極秘情報を米CIAに掴まれて、トランプ大統領から大目玉... 続きをみる

    nice! 3
  • 藤原直哉「日本が動けば世界が変わる」

    藤原直哉「世界が動けば日本が変わる」 音声再生 よく歴史を勉強している。論旨明快です。 藤原直哉「世界が動けば日本が動く」 ・日本はその時が来ないと事が変わらない ・形ができないと変わらない ・体制が変わらないが民衆レベルでは変わってきている ・民の政治に代わって行くはず ・バブル崩壊も革命が起こ... 続きをみる

    nice! 1
  • フルフォードレポート(9/16)

    ハザールマフィアはサウジアラビアに対する「イラン攻撃」と言う嘘のハルマゲドンで最終決戦を要求する ワシントンDC株式会社の差し迫った破産に直面しているハザールマフィアは、彼らの以前から予定された第三次世界大戦を始めるための必死のアベマリア計画において、サウジアラビアの石油生産への「攻撃」を行ったと... 続きをみる

    nice! 2
  • 藤原直哉「9月時事解説と時局分析」

    藤原直哉 9月時事解説と時局分析 音声再生 9月時事解説と時局分析 ボルトン解雇⇒トランプの粛正が本格化⇒世界が一丸となって「戦争屋の拠点の日本を攻めてくる」 ⇒バックに巣くっているヤクザの一掃⇒年内総選挙⇒誰が? (1)安倍内閣の行方  ・安倍内閣改造は統一教会、日本会議のオンパレード。  ・最... 続きをみる

    nice! 4
  • 藤原直哉「安倍歴史修正内閣の末路」

    藤原直哉 「安倍歴史修正内閣の末路」 音声再生 ・利権屋とゴマ摺り屋だけを集めた内閣改造 ・やりたい放題の組閣 ・危機感を持っているのではないか。 ・韓国:日本の戦犯企業で謝罪と賠償をしていない企業からは輸入しない(300社)という条例 ・安倍も引っ込みがつかない ・韓国は謝らずに北とやって行く ... 続きをみる

    nice! 2
  • 柳の下の泥鰌は・・・・

    「小泉純一郎グアンタナモへ拘束」のトップニュースを切った板垣ブログが、すごいことを言い出した。 ・小泉純一郎はもうこの世にいない。サメに食べられた。 ・五木ひろしパーティに出席の小泉は偽物 ・安倍の子供を妊娠している滝川クリステルはロスチャイルドの血筋  生まれる子はロスチャイルド家に入るらしい ... 続きをみる

    nice! 2
  • 藤原直哉「バブル崩壊と世代間継承」

    藤原直哉「バブル崩壊と世代間継承」 バブル崩壊と世代間継承 音声再生 ・世代間継承は日本人に重要な問題である ・40歳以下の人たちは企業内で教育を受けていない ・無から有をつくる、連携をの取り方、リネンに向けて世の中動かしてゆくなどは継承していない ・技は軽視してきた。全くうまく行っていない。 ・... 続きをみる

    nice! 1
  • 藤原直哉「超不景気に備えよ」

    全員が債務超過 音声再生 ・レバノンとイスラエルの地上戦が始まったようだ ・アメリカの軍事敗戦がないと思わらないと思っている ・イスラエルとサウジはパニックになっているので、戦争になれば終わる ・そうなれば東アジアが動く⇒米軍の大掃除が始まった ・韓国は北朝鮮について行く ・北朝鮮とシリアは繋がて... 続きをみる

    nice! 2
  • フルフォードレポート(9/2)

    *竹中もダボスで拘束されていた。いよいよ、あと一人・・・・ 日本の元首相小泉と中曽根はグアンタナモにいると、日本の警察は言っている 日本の元首相小泉純一郎と中曽根康弘は先週、米軍警察によってグアンタナモへ連れて行かれたと、日本警察と地下世界情報筋は共に言っている。小泉事務所の人は、このことが本当か... 続きをみる

    nice! 2
  • フルフォードレポート(8/26)

    米国防総省は世界金融リセットが迫っているのでシオニストを国外追放しようとしている 米軍産複合体はシオニストに対して重大な動きを見せており、多くをシベリアのユダヤ人自治区に追放する準備をしていると、国防相処情報筋は言う。国防総省とその同盟国はシオニストの支配権を受け継ごうとしており、先週ワイオミング... 続きをみる

    nice! 2
  • フルフォードレポート(8/19)

    米政府は末期のエプスタイン-バー感染症に苦しんでいる アメリカの最近の政治対話はモサドの小児性愛脅迫者ジェフリー・エプスタインとブッシュ自裁のイラン・コントラ隠蔽アーチストであるウィリアム・バー司法長官によって支配されおり、これはおそらく偶然ではない。エプスタインとバーの選択はエプスタイン-バーウ... 続きをみる

    nice! 2
  • エプスタインは生きている

    面白い話です。転載させていただきます。 「半蔵門インテリジェンス総研」は 「フェイク新聞が伝えない、より深い内容をあなたに」  無料でお届け致します。 「未来の行方」を見通すインテリジェンスをあなたに。 . これまで、当総研では、ジェフリー・エプスタインについて、2本の記事をアップしています。 .... 続きをみる

  • フルフォードレポート(11/19)

    やり手の犯罪人ネタニヤフはから彼の上司を密告することで免除を求めている 大量殺人犯であり、悪魔崇拝者のイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフは彼のロスチャイルドご主人の密告を行うことで自らの命を救う司法取引をしようとしていると、モサド情報筋は言う。ネタニヤフの迫った崩壊はハザールマフィアの最終崩壊... 続きをみる

    nice! 1
  • フルフォードレポート(7/2)

    メキシコとEUで旧政権が崩壊し、秘密の宇宙プログラムが明らかになる 惑星地球を支配してきた犯罪徒党は、直近ではメキシコと間もなくEUにおける政権交代によって、権力から体系的に排除される。さらに、ワシントンDCの権力闘争は間違いなく善人によって勝利される。 また、明らかに、ロズウェル「UFO]事件と... 続きをみる

  • フルフォードレポート(6/4)

    NATOが保護を撤回すると、イスラエルの解体が差し迫る可能性が高い 悪魔主義ハザール暴徒が世界中の権力中枢から体系的に取り除かれるにしたがって、地政学上の構造変化が世界中で目まぐるしいペースで続いていると、多くの情報筋が認める。状況は非常に早く進んでいるので、ハザール人の最も重要なイスラエルは間も... 続きをみる

  • ネズミが逃げ出した

    これからどんどん逃げ出す奴が出てくるでしょうね。 個別で反対などというなら、すべての過去の件について意見を言えよ。 まず、自分がよいしょしてきたことを反省しなければ、今更聞けないよ。 よくまぁ、はずかしくもなく、やるもんだ。 親分と一緒に腹をきるんじゃないのかな、武士だって、さらりーまんだってそう... 続きをみる

    nice! 3
  • 自民党総入れ替え論浮上

    2020年02月28日 自民党総入れ替え論浮上<本澤二郎の「日本の風景」(3608) <稲田検事総長が安倍や河井ら犯罪者を逮捕しなければ国滅ぶ>  筆者は、検事総長の稲田に期待をした一人であるが、いまだに動きがみられない。安倍と森雅子の不当・不正人事に屈したのだろう。そうだとすると、もはやこの国の... 続きをみる

    nice! 2
  • どうなってるの?

    2020年02月02日 米CNNの驚愕報道<本澤二郎の「日本の風景」(3582) 米CNNの驚愕報道<本澤二郎の「日本の風景」(3582) <インフルエンザ1500万人感染・死者8000人超>  昨日のことだ。ほぼ毎日のように米CNN日本語版を見ていた。北京でも共同、NHK、ヤフーニュース、韓国聯... 続きをみる

    nice! 1
  • 岸田って誰れ?

    本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 「ポスト安倍」をめぐって古賀誠元幹事長が岸田文雄政調会長のために奔走、片や石破茂元地方創生相が、国民民主党の玉木雄一郎代表と手を組み離党本気度全開!! ◆〔特別情報1〕  ポスト安倍は、岸田文雄政調会長しかないという方向になってきている。麻生太郎副総裁... 続きをみる

    nice! 1
  • 藤原直哉理事長の時事解説・時局分析

    令和二年はあわただしく始まった。株価が暴落。 令和元年が上がって二年で暴落。(平成と同じ) 今のアメリカは日露戦争に負けたロシアにそっくり ・米軍が全て引けばいいが、まだ未練がましい」 ・次は米軍の命を狙ってくる」 ・戦死者が大量に出ることが国民に知れ渡ったら殺される」 ・ニコライ二世は革命が起き... 続きをみる

    nice! 1
  • 藤原直「米属国政策の破綻」

    藤原直哉「アメリカ属国政策の破綻」 音声再生 ・欧州サクソバンクの2020年の予則  ①欧州の崩壊(もう一国EU離脱が起こったらお終い)  ②ドルの暴落  ③米大統領エリザベス・オーレンが圧勝する ・イラン戦争が二期まで持ち越しになり、相場の破綻が持ち越しになればトランプが勝つ ・イラン戦争が終わ... 続きをみる

    nice! 3
  • そろそろ合意のようです

    北朝鮮党中央委員会総会「国防建設の重大問題」討議 2019年12月29日 11:22 発信地:ソウル/韓国 [ 北朝鮮 韓国 韓国・北朝鮮 ] このニュースをシェア ❮ 3/3 ❯ ‹ › 北朝鮮・平壌で開かれた朝鮮労働党中央委員会総会に出席した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(2019... 続きをみる

    nice! 1
  • ここまでしても政治家やりたい?

    見るも無残、悲しくなる。現状を呑み込めないのか?ふつうは辞めるだろうに。 12/24 スガ感冒腸管会見 午前 朝日新聞 アベ記者の鋭い質問 開き直ってまともな理屈も言えないすがさん。 みたらきっとあなたも笑う! なんだこの答え。 すがさん、ぼろぼろの姿は見たくなかった。 pic.twitter.c... 続きをみる

    nice! 1
  • 田中真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない https://mainichi.jp/articles/20191210/dde/012/010/022000c ←記事はこちら 毎日新聞 2019年12月10日 東京夕刊 日本政治の現状について語る田中真紀子元外相=... 続きをみる

    nice! 4
  • 藤原直哉「万策尽きる平成のリーダー達」

    藤原直哉「万策尽きる平成のリーダー達」 音声再生 ・来年に向って、どうにもならない話ばかり ・智慧の枯渇、行動力の枯渇、元気の枯渇 ・不景気はいつでもあるが、どうすると言う話が出てこない ・リーダー達はなすすべがない ・世界的な話である ・中国も情報が漏れだしている(共産党が崩壊し始めている?) ... 続きをみる

    nice! 1
  • 特別情報

    本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 キッシンジャー博士と中国の最長老は、麻生太郎副総理について、「あんなのが総理大臣になったら1か月も持たないよ」といい、安倍晋三首相については、サジを投げているという ◆〔特別情報1〕  これは、上皇陛下の側近である吉備太秦の情報である。  麻生太郎副総... 続きをみる

    nice! 2
  • フルフォードレポート(10/14)

    シオニストの計画が崩壊するにつれて歴史的な変化が世界中で展開する 何世紀にもわたるシオニストの計画が崩壊するにつれて、本当に歴史的な出来事が世界中で展開しています。これは、とりわけ、国連の資金不足、シリアへのトルコの大規模な侵略、および米国におけるエスカレートする内戦によって示されています。さらに... 続きをみる

    nice! 1
  • フルフォードレポート(9/9)

    アメリカ陸軍戦略大学の研究は95ー100%の確率でハザールマフィアの敗北を示している アメリカ陸軍戦略大学によって試算されたモデル解析によると、国際的な軍事と法的なキャンぺーンは「成功する確率が95-100%」であると、MI6と国防総省情報筋は言う。今週の金曜日の13日には911の記念日が続き、必... 続きをみる

    nice! 1
  • 藤原直哉8月時事解説・時局分析

    令和元年8月時事解説・時局分析 音声再生 1.8/23朝トランプ大統領『雄たけび』 ・中国はけしからん。 ・中国は合成麻薬を米へ輸出している。止めると言っているけど止めていない。 ・アメリカ企業には直ちに中国から出ること命令する ・中国からの関税を30%に引き上げる ・ドルは円に対して安くなったが... 続きをみる

    nice! 2
  • フルフォードレポート(7/15)

    ジョージ・ブッシュ・シニアの処刑は、JPモーガン、ドイツ銀行、メルケルを運命づけました ジョージ・ブッシュ・シニアとその妻バーバラ・ブッシュの処刑は終に悪魔主義ハザールマフィアの徒党の本当の崩壊への扉が開かれたと、複数の情報筋は認める。これは企業祖霊メディアによって報道されているあらゆる種類のニュ... 続きをみる

    nice! 3
  • フルフォードレポート(6/3)

    マレーシアが国際的な金担保通貨を要求する一方で、インドネシアはすべての銀行、質屋を9日間閉鎖するなど、通貨リセット騒動 実態世界の諜報機関の連絡先を持つ人々は皆、大きな何かがやって来ると言う気持ちで騒がしい。私の直感は、米国株式会社の終わりが非常に近いと言うことである。この地域で起こっていることと... 続きをみる

    nice! 4
  • フルフォードレポート(12/31)

    我々が一丸となって押し進めれば、2019年はハザールマフィアに対する最終勝利を見ることになるだろう 多くの兆候は、2019年が悪魔崇拝ハザールマフィアに対する戦いにおいて画期的な年になるだろう事を示している。大量逮捕が始まっただけではなく、製薬/医療機関の大量殺人の部分も同様にやっと取り出されつつ... 続きをみる

    nice! 1
  • サイババの話は嬉しい話ばかり

    サイババが帰ってくるよ から抜粋要約しました。 フリン中将の件 ・フリンは前回の裁判でFBIの取調べに対して虚偽の発言をしたことを撤回しませんでした。 ・軍を辞めてインテルの会社を作り、トルコ政府の為に働いていたのですが、外国諜報登録をしていないことが判明し、裁判官やマスコミから売国奴だと罵られた... 続きをみる

    nice! 2
  • 世界に平和の足音が近づいている

    サイパパが帰ってくるよ  より抜粋参照です。今大変貴重な情報源です。 ファーウェイの件で習近平はトランプに怒ったりはしていない。 反ロスチャイルドでトランプ、習金平とプーチンは共同戦線を張っています。 先月、プーチンは小児性愛犯罪について、「俺がこの手でロスチャイルドの息の根を止めてやる」と言う過... 続きをみる

    nice! 2
  • フルフォードレポート(6/25)

    古いパラダイムが機能しなくなると、西洋文明は崩壊し続ける 欧米の古い政権は最も洗脳され盲目的な西洋人にさえ明らかになるように崩壊している。この崩壊は究極的にはハザールマフィアとして知られる近交寡頭勢力の非常に小さな集団の手に富の極端な集中による社会不安定の原因に由来する。幸いなことに革命が始まり、... 続きをみる

  • フルフォードレポート(6/12)

    金/トランプ首脳会談、ロスチャイルド家と金融戦争は全て繋がっている 今週の大統領ドナルド・トランプと北朝鮮実力者金正雲の間の会談は、通常の会談ではないので高官と秘密外交の波によって進められてきたと、複数の情報筋は認める。首脳会談は朝鮮半島の和平を議論するのみならず、金融システム、つまりこの世界の将... 続きをみる

  • フルフォードレポート英語版(11/14)

    引き摺り下ろされるハザール暴徒:数百人の米逮捕者に続く、数百人のサウジ逮捕者 ベンジャミン・フルフォード 白龍会 ハザール暴徒の大掃討は、サウジの王子、将軍と政治家数百人の逮捕が今、米国の上級ハザールギャングに対する842件の密告によって続けられていることが、米国防総省、CIAその他の情報源によっ... 続きをみる

    nice! 1