嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

国家非常事態対策委員会

国家非常事態対策委員会


サウジ・ジャーナリスト



・この事件は、日本に大きな影響を与える。ソフトバンク株式の暴落。
・カショギ記者が指切断され。首切りされて殺された。
・トルコがこの証拠ビデオを持っている。


・カショギは白かというとそうでもない。
・彼は武器商人の甥っ子
・ただのジャーナリストではなく、工作員。


・殺される前日に、トルコ政府が、元CIA在トルコ長官を解放した。
・トルコにサウジの石油利権を手渡すという話があったのではないか。


・サウジの資産が凍結された。

・サウジアラビアのサルマン皇子から1000憶ドル貰った孫

・孫はフォースアセットマネジャー社を買った。この会社はムサシの株主である。
・選挙泥棒の機械会社の持ち主が孫ということ。
・ソフトバンクが大暴落している。

・石油ドル体制が変わる、すごい事件である。
・ニクソンショックになるかもしれない。


・4月に皇太子の宮殿で射撃事件があった。
・それ以降、皇太子は表に出ていない。
・皇太子の弁護士は頭2発撃たれて死んでいると言っているらしい。


だから?
「サルマンを殺したのがカショギということ????」
結論がありませんでした。


朝堂院の発言はカットしてあります。ご自分で。

なお、付録は見ていません。

*ソフトバンクは昨年5月、サウジの政府系ファンドと共同で運用額10兆円規模の「ソフトバンクビジョンファンド」(SVF)を設立。以来、サウジとは蜜月の関係を築いてきた。今月6日には、サウジ政府がさらに約5兆円を追加出資するという景気のいい話も報じられたが、カショギ氏の事件で状況は一変した。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

学会強し(信長も宗教には勝てなかった。。。。)

【学会のいない選挙】公明党・遠山清彦幹事長代理の演説に聴衆ゼロ オール沖縄候補は1千人超
http://tanakaryusaku.jp/2018/10/00018975
2018年10月17日 21:30 田中龍作ジャーナル


聴衆なき街頭演説。いるのはマスコミだけ。それも3~4人だ。左から2番目が遠山清彦幹事長代理。=17日午後4時30分頃、那覇市水道局前 撮影:田中龍作=

オール沖縄候補の圧勝と自公候補の惨敗に終わった県知事選挙よりも、さらに衝撃的な光景が県都那覇で展開された。

 きょう17日、自公維が推すオナガ政俊候補の応援に公明党沖縄方面本部長の遠山清彦幹事長代理が入った。公明党大幹部の一人である。遠山本部長は那覇市内の4ヵ所で街頭演説をした。「小禄のイオン前」「(国際通りと交わる)むつみ橋交差点」「水道局前」「安謝交差点」の4ヵ所である。

 田中は4ヵ所とも現場にベッタリ張り付いて取材した。4ヵ所とも聴衆はゼロ人だった。足を止める人もいない。公明党大幹部が訪れ、演説しているのにもかかわらずだ。

 理由は簡単である。創価学会が選挙から手を引いているからだ。10月11日付の拙ジャーナルで詳述しているので御一読頂きたい。

 田中は公明党の元幹部に携帯電話で事態を報せた。元幹部は「え!そんなことあるのか?」と驚き、「選挙になっていないなあ」と呆れた。

*ここまでして、公明党はまだやるのか。今更下がれないか、一杯安倍に金も貰ってるからなぁ。
 で、いいのかい?(創価学会)

スーパーとモノレールの駅があり、人の流れは多いのだが、足を止める人はいなかった。街宣車上、左側が遠山幹事長代理。=17日午後3時頃、イオン那覇店前 撮影:田中龍作=

だけどさぁ、自民党の諸君はなぜ来ない?????おめぇら人間か?

オール沖縄勢力が推す城間みきこ候補の街頭演説会場。後方の階段の上まで聴衆で埋め尽くされた。自公候補の街宣を見た直後だけに別世界のように思えた。=17日午後6時頃、沖縄県庁前 撮影:田中龍作=

こちらはオール沖縄です!!!

金をもらい、今更背けば殺される。引くに引けないんだろうが、そういうのを自滅という。
自滅させましょう。そうしか答えはない。あとで助けてよはないよ、言っておくけど、今のうち。


励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

いい動き。。。。

与党に脅威「オリーブの木」/政界地獄耳
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201810180000194.html
2018年10月18日9時16分 日刊スポーツ


★24日の臨時国会開会を目前に控え、野党の動きがあわただしい。16日、立憲民主党など野党6党派の党首・代表は一堂に集まり会食した。7月に頸椎(けいつい)症性脊髄症の手術をした共産党委員長・志位和夫の「快気祝い」などの名目で集まったが、志位はツイッターで「野党5党・1会派の党首、幹事長・書記局長が懇談。沖縄・玉城デニー知事の誕生、国民民主党玉木代表の就任のお祝い、私の快気祝いを兼ねて(恐縮です)。臨時国会で結束して奮闘すること、参院選で安倍政権を倒すために力を尽くすことを確認しました」と記した。


★一方、17日、立憲民主党は無所属の参院議員・野田国義が会派入りしたことにより、立憲と国民民主党がともに24議席となり参院野党第1党は両党が並んだ。政界関係者が言う。「野党第1党を立憲に取られそうな国民幹部と自由党代表・小沢一郎が同日極秘会談した。国民・新緑風会と希望の会(自由・社民)の統一会派の話が行われたのだ。しかしこの会談は統一会派で国民は野党第1党を維持するだけでなく、野党共闘ではじかれそうな立場だった国民が小沢と組むことで一気に舞台の中央に躍り出すメリットがある」。


★だが、国民の支持母体は連合右派。小沢嫌い、共産党嫌いがそろう中、すんなりと統一会派となるだろうか。「国民民主党代表・玉木雄一郎はそこまで舵(かじ)を切りきれないかもしれない。だがこの話は連合が仲介にいるのではないか。この国会から安倍政権への攻勢、そして参院選と動きが速い。小沢は少数党から一気に大きく駒を動かすこともできるようになる。与党には当然脅威になる」(野党幹部)。そうなれば自由党をハブの中心に立憲、国民、共産、社民は事実上のオリーブの木に集うことになる。さてどうなるか。(K)※敬称略




自由・社民と統一会派協議=国民民主
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101701193&g=pol
2018/10/17-20:16 時事通信


 国民民主党の玉木雄一郎代表は17日の記者会見で、自由党や社民党との統一会派結成について協議していることを明らかにした。玉木氏は「協力できる野党ができるだけ大きなまとまりとなって、国会対策、統一会派を組んでいくことが望ましい」と述べた。


 現在、自由党の衆院議員は小沢一郎代表のみで、同氏はいずれの会派にも所属していない。玉木氏によると、両氏は16日に会談。具体的な結論は出なかったが、今後も話し合いを続けることで一致したという。


 自由党は、参院では社民党と統一会派「希望の会」を組んでいる。玉木氏は17日、社民党の又市征治党首とも会い、国会での連携について意見を交わした。

国民・玉木代表、統一会派構想を社民、自由両党首に打診

国民民主党・玉木雄一郎代表=国会内(春名中撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、社民党の又市征治党首と会談し、立憲民主党など主要野党による統一会派の結成を打診した。同日の記者会見で明らかにした。玉木氏は、16日に自由党の小沢一郎代表とも会談して同様の打診をしたことを紹介した上で「各党それぞれ意見があり、今の時点で結論があるわけではないが、協力できるところは協力する方向で引き続き対話を続けたい」と語った。立憲民主党と衆院会派「無所属の会」にも同様の打診をしているという。



良い動きです。あいつが嫌いとはちょっと置いておいて、安倍でいいのかいという一転で的あんりましょう。国民は馬鹿じゃないから、うまく支持しますよ。

日刊スポーツ購読したいなぁ。。。。。



<p>励みになります、こちらへもよろしく</p>
<p><a href="//politics.blogmura.com/international/ranking.html"><img width="88" height="31" alt="にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ" src="//politics.blogmura.com/international/img/international88_31.gif?dummy=1497125858228" border="0"></a><br>
<a href="//politics.blogmura.com/international/ranking.html">にほんブログ村</a></p>