嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

フルフォードレポート英語版(7/4)

米国や日本その他でハザールマフィアの腐敗の解体が続いている


ハザールマフィアの包括的解体が世界中で続いている。最大の進展はバチカンの最高レベルにおいて、バチカン財務大臣で第三位の大物であるオーストラリア枢機卿のジョージ・ペルが児童虐待の罪で起訴された後に停職となった。その結果、小児性愛者は完全にパニック状態となったと、国防総省当局者は言う。フランシスはまた、他のトップ大物カーディナル・ガーハード・ミュラーをその地位から排除し、彼は教会の最高位にいたが、中位の者に置き換えた。


財務大臣のペルの停職はオーストラリアの支配下であり、従ってペルの守備範囲になるブーゲンビルとパプア・ニューギニアで起こっていることにほぼ確実に関連していると、白龍会情報源は言う。パプア・ニューギニアで採掘された鉱物からの収入の3%だけが地元に還元されていると言う暴露は、カトリック教会を貧しい人々のための貧しい教会に変えると言うフランシス法王の誓約に完全に矛盾する。
ブーゲンビルの金塊を米露軍の支援を受けて暗号通貨に接続し、既存のバチカンとハザールマフィア支配の金融システムを完全に迂回させる白龍会の計画は、ペル枢機卿を排除するバチカンの動きに緊急性を加えなければならない。


教会をもっと気楽に行ける物にするフランシスの動きに対する抵抗の筆頭と多くの人に見なされたドイツ人ミュラーの排除もまた、ハザールマフィアとその傀儡にとって大きな敗北であったと、P2フリーメーソンの情報源は言う。この排除は、ドイツと英国の分裂が、西側で最も重要な軍事的精神秩序の最上部で膠着状態に陥っていることが、マルタ騎士団がどうなるかに影響を与えるであろう。これは翻って米軍産複合体の運営方法について影響を与えるだろう。
言い換えれば、第三次世界大戦を始めたい熱狂的勢力は最も上級の支持者を失っていると、白龍会情報源は言う。


先週のもう一つの進展は、イスラエルへの米海軍機ブッシュ到着である。モサドのサイトDEBKAはイランやシリアへの攻撃がないことは明らかなので、航空機の到着について困惑を表明している。


http://www.debka.com/article/26124/Who-Is-the-Bush-carrier-meant-to-deter-Not-Iran


事実、航空機のイスラエルへの到着は国連安全保障理事会によって平和協定の締結とゴラン高原の返還を強制することが承認されれば、米露が空海封鎖を課すかも知れないと言う直接的なメッセージであると、国防総省情報源は言う。


すでに、イラン、ロシアとヒズボラはイスラエル国境におり、今はイスラエルを守るために来る代わりに米軍はその敵と協力して最終的にその泥棒国家をその場所に留めようとしている風に思える。


イスラム教徒ではなくハザール悪魔主義としてホモであることを公言しているサウジアラビアの支配者サウド家は、イスラム社会から孤立している今、彼らのいざこざを中止することを強要されるであろう。これがサウジ/イスラエル/ダーイッシュ傭兵傀儡軍が溶け出している理由である。


中国はサウジが彼らの石油をハザール人支配の所謂米ドルでは占いと主張することで圧力を加えている。
サウジは近い将来に石油ドル体制を放棄するしかなくなるだろうと、CIAと国防総省情報源は認める。


一方、先週3番目の大規模な進展が日本に訪れた。ここで、長きにわたる与党自民党が東京都都議選で歴史的な敗北を経験した。
ここで、小池百合子都知事と仏教組織創価学会は127議席中79議席を獲得し、一歩の自民党は前回議席57議席から23議席へ減少した。


この敗北は安倍晋三ハザール奴隷政府と自民党は東京における敗北の結果から、まもなく行われるであろう国政選挙においても同様な破滅に直面することになるだろうと、日本の右翼情報源は言う。
韓国人が日本人のふりをすることで主に運営されてきた戦後日本の奴隷政権が終に終了することになる。


朝鮮半島でも、半島の人工的分裂を終わらせることになる韓国による北朝鮮との和平協定の提案によって、同様な潮流が確認される。


http://timesofindia.indiatimes.com/world/rest-of-world/south-korea-to-offer-peace-treaty-to-north/articleshow/59367352.cms


一方米国では、ニューヨークタイムス、CNN他のハザール支配喧伝機関は、彼らの嘘喧伝の実態が暴露されて、その是正とスタッフの解雇に迫れれている。


CIA情報源は、米権力構造におけるハザール汚物の排除はほぼ完了しており、それが今、アジアで変化がみられる理由であると言っている。


また、大統領ドナルド・トランプが国家宇宙評議会を復活させる執行命令に署名したので、米軍は宇宙隊を創設する方向に動いている。これは、秘密の宇宙計画支持者が長年要求してきた開示のために、米軍産複合体が準備している兆候の可能性がある。


これらの著しい変化は、7月7日と8日にドイツのハンブルグで行われるG20首脳会議が開催される
前にやってきた。


中国と米国の間で緊張が高まっているいくつかの深刻な衝突がある。最も重要なことは、国防総省情報源は、彼らは先週中国の衛星を撃墜したことを仄めかした。


https://www.nasaspaceflight.com/2017/07/long-march-5-lofts-shijian-18/


中国習金平とドナルド・トランプ大統領のハネムーンが終わったことを示すその他の出来事としては、米国の台湾への武器売却条約、中国銀行に対する米国の制裁、鉄鋼とその他の品目に対する関税、南シナ海のパラセル諸島への駆逐艦の派遣があると、国防総省情報源は述べている。


中国もこれに伏しているわけではなく、米駆逐艦と戦うために戦艦と戦闘機を送っている。また、インド首相ナレンドラ・モディがトランプに会ったので、先週インドに対して中国が象徴的軍事行動を起こしたことは疑いがない。中国は必要とあればインドを3か月以内に倒す技術的能力があることを米国の交渉者に伝えていた。


ロシアは来るG20会合で中国と米国の間の調停者の役割を持つことになりそうである。トランプはそこで初めてウラジミール・プーチンと会う予定であり、国防総省情報源は、彼の任務は米国のハザール人によって企てられたロシア/米国間の小競り合いに終止符を打つことであると言っている。


ロシア白龍会情報源は、米国の過去の行動がロシアにアメリカに対する深い不信感を植え付けてきた。しかし、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と他のロシア関係者が繰り返し述べているように、ロシアは単一権力によって支配されない調和のとれた世界システムを支持している。


その為に、この著者の情報網にかかったものとして、世界の宗教指導者たちが6月14日に世界の人々が宗教を超えて友人としての結びつきを作るために合同訴状を出した。


http://iqra.ca/2017/worlds-religious-leaders-unite-to-issue-an-urgent-message-to-humanity/


----------------------------------------------------------------------------------------
今週は忙しく、発行が遅れまして申し訳在りません。
今週号は内容豊富で頭の中が整理できません。
大事なことは
①小児性愛の摘発が始まった。
②イスラエルの解体の動きが始まった。
③米権力構造内のハザール排除が完了した。⇒日本の自民党敗北もその影響
④米中の関係が悪化。口ではみんなでとか言っても覇権を争う米中ということ。
 ロシアが仲裁に入るそうです。





励みになります、こちらへもよろしく
 

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
 にほんブログ村

まるっきりガキンチョ!

なにこれ?
こんなのが官房長官?
負けて悔しいだろうけど、それでどうしたの>ぶっきらぼうの顔を曝すしかできないアホです。
がきんちょ!生きている価値ないと思います。


77aRVKX.jpg


なら、野党のこと、国民の声も、「あんなやつ」とか止めたら(笑)
せめて国のために、勝手に死んでくれ!!

無題

ゴロツキそのもの





励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

珍しい敗戦の弁

  珍しい敗戦の弁(中村彩)



TVのインタビューに答えて、全国に流されました。


その後、ツイッターで弁解をしている。
先程の会見でお世話になった先生方に恨み節を言ったかのような変な切り取られ方をしましたが、反論します。”今の国政どう思うか”という質問の答えの中で”...党問わず公人なら国民の代表者としての意識をもたなければならない。...脇が甘い”と言っただけで敗因を押し付けたりしていません。

こういう弁解をしなければならないのは、脇が甘いね。
そう言う風に言えばよかったですね。


小池百合子の『希望塾』の塾生であった彼女は、突如、自民党から出馬することになった。
自民党からの出馬を選んだ理由として「自民党でないと政治は動かせない。区長選で負け、逆風の厳しい選挙でも将来を考えると自民党から出ることが私のためにも都民のためにもなると思った」と語っている。

そう判断したのなら、泣き言、悔やみ事はなしにしましょう。


まぁ、都議会議員候補としては中央は何をしているのか!と言うお気持ちは分かりますが・・
政党の>「人を罵倒したり、お金の問題、恋愛問題、国民の信頼を失い恥ずかしい、情けない」
「報道で取り上げられている内容も含め若いが皆様甘いなぁと思いますね」
「普通の人じゃやらないだろうなということをやってるから信頼を失う」前夜、安倍が選挙カーの上で、「こんな人」と指差している隣で笑顔で拍手していたね。

失礼ながら、最終日に総理の乱入を許されたのは、党としては、貴方は期待していないということでした、残念ながら。


まぁ、個人的な問題ではありません、風が吹いたと言うことです。吹かせた人がいた。

ただ一言『私の不徳のいたすところです。捲土重来を期す。』といっておけばよかったのに。
負けた上に敵まで作る必要はなかった。結局、安倍と同じですね。


貴方に賭けたドンの甲子園もこれで完全に終わりました。

utida.jpg




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村