嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

特別情報

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
キッシンジャー博士と中国の最長老は、麻生太郎副総理について、「あんなのが総理大臣になったら1か月も持たないよ」といい、安倍晋三首相については、サジを投げているという

◆〔特別情報1〕
 これは、上皇陛下の側近である吉備太秦の情報である。
 麻生太郎副総理兼財務相が、11月末で、愛人にやらせていた六本木のバーBovary(ボバリー)を閉店した。次の総理になるために閉めたようだ。米共和党の重鎮キッシンジャー博士と中国の最長老は、麻生太郎副総理兼財務相が次の総理を狙っていることについて、「あんなのがなったら1か月も持たないよ」と言っている。安倍晋三首相については、2018年6月の時点で、キッシンジャー博士もトランプ大統領もサジを投げていて、「もう処分せよ」という命令を世界中に出しているという。


もし、安倍晋三首相が勝負かけて解散するとしたら、そのとき自民党は大負けする。なぜなら、これまで日本の長老のもとで国政選挙を仕切っていた人が、我々のもとについて、「自民党を潰す」という方向で根回しを始めているからだ。

安倍晋三首相は、やけくそ解散するか、辞めるか、処分されるか、この3つのどれかで、それが2019年内から2020年明けにかけて起こり得る可能性が高くなってきている。

2020年1月末までに安倍晋三首相を辞めさせなければならないという機運が急加速しており、とくに、キッシンジャー博士と中国の最長老が、「安倍晋三政権のもとでの締結はダメだ」と言っている。

真冬の夜の夢が現実になることを切に期待する。実行を期待する。

上記のような情報もありますが、どうなんでしょ?まぁ、何が起こっても不思議はないでしょうが。

そろそろ爆発しますよ。

一気にことが動く気がしている。



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

藤原直哉「国会は終わりましたが・・・・」


    


藤原直哉時事放談「国会は終わりましたが・・・・」

・安倍内閣の最近は最高「反社の定義はまちまちです」
・「反社の定義がない」と言うが、決まっているじゃないか
・官房長官「反社の皆様方の・・・・」ヤクザと一緒の本音がでた
・第一原発、辺野古、吉本、みんなはヤクザが絡んでいる
・吉本がなんで威張れるか
・第一原発、辺野古は事実ヤクザがいないとできない仕事
・警察はヤクザ問題は、いちいち閣議決定してもらうしかない
・ヤクザ内閣なのです

・いよいよ、行き詰まったようで、解散風が吹き出した
・安倍が解散を口にしたが、解散した勝てないよ
・桜のお土産を近所に見せているんだから、簡単じゃない
・中東への自衛隊派遣は公明党が大反対
・最終戦争の準備へのこのこ行っても大変
・安倍の周りで飯を食っている
・安倍はよいしょされてその気になっている
・安倍の名前で利権を漁っている

・東大は何やっている。官僚は何もやっていない
・お守りも名かを見ないから信じているが、最近は中が見えている
・役を演じているから「役人」黒を白にする役をやっている
・正義の味方じゃないよ
・昔は何人かは正義の味方はいた
・役人はAI、ブロックチェーンに入れ替えよ
・これが受験勉強の最後の結果
・50年前から分かっていること
・年寄りは良く反省して、役に立つように生きよ
・「今だけ金だけ自分だけ」ではダメ
・香港の学生は20才である
・世界中ジェンZが動き出した
・日本もそうなる

・「主義主張と未来の戦略」が仕事と言われたら政治家は去らなければならない
・米は「富裕税」に本気
・来年はトランプで決まりだが、そのあとは若者
・大きく動いた先は若い人たちの時代
・勢いよく動いて最後はうまく収まる

 ・良いお年を。




励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村



一服の清涼剤

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」より転載です。
安倍晋三首相は、公職選挙法違反(衆院の選挙区山口4区=下関市、長門市の有権者買収)・政治資金規正法違反の完全なる容疑者と見られており、総選挙の指揮者には相応しくない


◆〔特別情報1〕
 自民党の奥の院で、「安倍降ろし→ポスト安倍擁立」の動きが、活発化している。これは、自民党二階派「志帥会」と麻生派「志公会」に深く食い込んでいる情報通の話である。何しろ安倍晋三首相は、「桜を見る会」問題で、公職選挙法違反(衆院の選挙区山口4区=下関市、長門市の有権者買収)・政治資金規正法違反の完全なる容疑者と見られており、総選挙の指揮者には相応しくない。それにも関わらず、姑息にも「逃げ切ろう」と無駄な画策をこねくり回し続けている。これは姓名判断「最大悪運・子女を得ず、逆転短命・刑罰」にも明確に表れている。退陣時期については、自民党内では、「安倍晋三首相は、どこかの時点で辞めるだろう」と噂されており、その「時点」というのが、「2020年1月下旬、通常国会冒頭、衆院解散・総選挙で大敗→責任を取って退陣」「東京オリンピック(7月24日~8月9日)パラリンピック(8月25日~9月6日)が終わったころになるか」「2020年9月21日 (年齢66歳)を期して米国の取り調べは一応受けなければいけないので、その直後」「父・安倍晋太郎元外相‎1991年5月15日(67歳没)」など。もうそこで辞めていないと、米CIAに逮捕されて、キューバに連れて行かれて拷問を受けることになれば、「10日も2週間も日本からいなくなるということは、いくらなんでも通らない」と見られている。いずれにしても、公職選挙法違反・政治資金規正法違反の容疑者であるので、総選挙の指揮者になるのは、相応しくない。選挙運動の頂点に立っていると国民有権者からは、疑惑の目で見つめられる。これにどこまで耐えられるであろうか。「民、信なくんば立たず」(「民無信不立」)である。安倍晋三首相の師匠・小泉純一郎元首相が好んだことで知られる論語由来の格言だが、安倍晋三首相も事あるごとにこの一語を口にしてきたはずである。



以下はさらなる秘密情報だそうですので、取り扱いに注意願います。



菅義偉官房長官は、空手部出身ですごい癇癪もちで、議員会館の事務所で苛ついて頭に来ることがあると、爪楊枝の束から爪楊枝を一本抜いては、歯でギリギリ噛み砕いて吐き捨て、また一本抜いては噛み砕いて吐き捨てということを何十本もやり続けるという。これは、元秘書の言葉である。その元秘書は、菅義偉官房長官のことを「総理を狙わないはずはないでしょ」と言っていたという。




菅義偉官房長官は、二階俊博幹事長とひそかに「菅体制の確立に向けて準備を進めているようだ。麻生太郎と岸田文雄がどうこうという話が出ているが、そんなものは目でない。ところが、菅義偉官房長官はカネがない」
 菅義偉官房長官が横浜市会議員時代から菅義偉官房長官に就任するまで後援会長を務めていた「ハマのドン」こと藤木幸夫横浜港運協会会長(藤木企業代表取締役会長、横浜エフエム放送代表取締役社長。株式会社横浜スタジアム取締役会長)と「カジノ誘致問題」で意見が合わず、関係が断絶してしまった。


二階俊博幹事長と菅義偉官房長官の画策には、亀井静香元内閣府特命担当相(金融担当)は関係していないようだ。谷垣禎一元幹事長が結構、動いている。車椅子生活にはなったけれど、頭はしっかりしている。谷垣禎一元幹事長は、米国のジャパン・ハンドラーズに狙われて、あのような事故に遭った。
 亀井静香元内閣府特命担当相は、最近、月刊誌で小沢一郎衆院議員と対談した。そのなかで、れいわ新選組の山本太郎代表を高く評価していた。しかし、亀井静香元内閣府特命担当相は、階段も上がりきらないほどヨタヨタになっている。もう全然だめだ。
 二階俊博幹事長は、小沢一郎衆院議員には借りがあり、その借りを返さないといけないと言っている。二階派(志帥会)には、亀井静香元内閣府特命担当相の秘書を務めた武田良太国家公安委員長(田中六助元官房長官の甥)が所属している。
 だが、菅義偉官房長官と二階俊博幹事長、亀井静香元内閣府特命担当相が手を組んで工作すれば、「小沢一郎政権の樹立」は、決して夢ではない。
来年まで、まだやるの?年内決着でお願いします。


新年を新たな気持ちでスタートしましょう。



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村