嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

矜持の持ち方

矜持とは自負とかプライド。この人たちの矜持は逃れらることが矜持である。 「やるべきことはやってはならない」と言う矜持ではない。消えてもらうしか道はないと思う。 海兵隊の皆さん、ワシントンDCのついてのついでによろしくです。















励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

もうほかに手はない




 安倍晋三首相は27日の衆院予算委員会で、会計検査院から「値引き根拠が不十分」と指摘された学校法人「森友学園」への国有地売却に関し、「適切」としてきた従来の答弁を撤回しなかった。首相は「財務省や国土交通省から適切に処分していたと答弁があり、そう報告を受けていた。そのような理解で申し上げたものだ」と述べた。立憲民主党の長妻昭代表代行への答弁。安倍首相、「妻はだまされた」 長妻氏が「『適切』が覆された。国会や国民への謝罪はあるか」と迫ったのに対し、首相は「売却価格は会計検査院がきっちりと適正、厳正に調査する、とも申し上げてきた」と語った。

意味不明ですね。もっと突っ込んでください。
きっこさん、北朝鮮だって公海上にミサイル落とすのに黙ってはやらない。事前連絡している。それを公開しない政府がおかしい。日本国民は相撲協会で忙しくて、北朝鮮のミサイルなんか忘れちゃった。
安倍は一人で官邸にこもって、緊急会議かなんか招集したいのだけれども、もう止めるでしょ。

あーあーやんなっちゃった、もう実力行使しかない。米海兵隊のみなさん、ワシントンDCのついでに日本の永田町もよろしくです。自衛隊は好きなように使ってください。よろしくお願いします。
損はどうなった?




ところで、この件どう思います?よほど貴乃花親方にしゃべられるとモンゴル力士は困るようです。
そこが今回の事件の本質だろう。白鵬も必死です。協会も同じ。慌てる乞食はぼろがでる。どうせ八百長でしょ。八百長の相談してたんでしょ。



励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

田中隆作ジャーナルより

田中龍作ジャーナルより抜粋転載
いつも頭が下がります。


「籠池長期勾留」大阪地検に抗議 公道の市民グループ排除される


大阪地検の通用口につながる公道で抗議していた市民をガードマンは排除にかかった。写真も撮らせまいとした。=30日、大阪市内 撮影:筆者=


 森友学園の籠池前理事長夫妻が「補助金不正受給」を理由に勾留されて4ヵ月が経つ。
 “口封じ”と“みせしめ”の長期勾留に抗議する市民グループがきょう、大阪地検通用門側の公道でプラカードを持ちスタンディングした。


 ところが、庁舎警備のガードマンから立ち退かされる“事件”が起きた。「天下の往来で」だ。
 市民側が突っ張らずに引き下がったため、警察が出動するような事態にはならなかった。だが「表現の自由」が当局の警備員に損ねられたことは厳然とした事実として残る。


 25日には渋谷ハチ公前で人権団体が「女性への性暴力に反対する」デモを企画したところ、警察が許可しなかった。


 上記二つの排除事件は両方とも安倍首相がらみだ。森友問題、詩織さん事件を連日、野党が国会で追及している。抗議の市民を可視化しないよう当局が「忖度」しているのだろうか。


 警察官僚出身の小野次郎・前参院議員は、ツイッターで強く警鐘を鳴らす―
 「詐欺や補助金不正受給の事件で、起訴後の被告人を長期間拘禁するのは極めて異常。これでは未決勾留自体が一種の刑罰執行になってしまう」


 「無罪が推定される筈の被告人の人権はどこへ行った? 政権も「戻ってきた」夫妻による安倍夫妻批判の再開を心底怖れている」。


 大阪地検前抗議に西宮市から参加した男性(60代後半・年金生活者)は次のように憤る―
 「籠池夫妻の愛国教育には大反対だが、お上に楯突いたら こうなる という みせしめ 。昔の思想犯と同じ」。


 尼崎から足を運んだ女性(契約社員・50代)は「私は籠池さんの思想とは真逆だが、『安倍さんに逆らったらこうなる』ということには反対したい」。


 呼びかけ人の男性(大阪市内在住・70代)はごく近い将来を危惧する。「放っといたらいずれ私たちにも来る」。

「思想には反対だが、籠池夫妻の不当な長期勾留は許せない」と参加者らは異口同音に話す。SNS上でも長期勾留は人権侵害だという論調が目立ち始めた。=30日、大阪地検前 撮影:筆者=



この息苦しさはなんなんのだ。安倍の思想でも何でもない。自分の保身だけで国会を運営している。
天誅をお願いしている。
国民一人一人が声を上げるましょう。「明日は我が身」と言う言葉がひしひしと迫ってくるのを感じる。若者が少ない気がするが・・・・・
励みになります、こちらへもよろしく

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村