嗚呼、悲しいではないか!

激動の世界情勢を裏から真実をお伝えしたい。そして日本が正当に立ち回るようにしたい。

公明党激震

「ジャーナリスト同盟」通信より抜粋転載


公明党激震


党員・信者から抗議殺到
公明党本部と佐岡学会品部の執行部が下からの突き上げで、混迷の度合いを深くしている学会も谷川と正樹の対立が激化している。


「安倍と心中するつもりが」
自民党と公明党を「平和憲法を裏切る悪党勢力」と断罪するに及んだ識者・文化人は多かったに違いない。


特定秘密・戦争法・共謀罪の3つの悪法を理解させれば、両党を支持する国民はいないはずである


いま公明党党本部に抗議する地方組織の怒りは「なぜ安倍を支持・擁護するのか」「安倍と心中するつもりなのか」という理屈抜きの反発という。


森友・国有地払下げ事件、加計学園への獣医学部新設にからむ公的資金強奪事件、TBS強姦魔救済の伊藤詩織さん事件、血税補助金詐欺事件、リニア疑獄と安倍犯罪は、底なし沼のように深い。以上は、単なる汚職事件ではない。この政権の体質、構造的な腐敗体質を露呈したもので、釈明の余地などない。


この時期の国民民主党の質問は、的はずれもいいとこで、存在価値を自ら放棄して、無様だった。言えることは、党首討論をわずかな時間でも受け入れた自民党執行部の対応は、官高党低の力関係の変化を見てとれる。安倍三選否定の与党へと移行したものだ


<太田ショウコウはA級戦犯>
悪党の安倍と癒着したショウコウ(太田昭宏)」論が、信濃町でも横行し始めたという。「ショウコウの天敵は婦人部」というのだそうだ。
 信濃町を窮地に追い込んだショウコウには、A級戦犯という評価が定着している。


<山口執行部もピンチ>
一連の安倍犯罪と、そんな安倍・日本会議に癒着することにためらいを抱こうとしない山口執行部にも、全国的な反発が及んできている。


安倍のピンチは、公明党のピンチなのだ。まさに、それゆえに山口らは、時として政府の対応に、1ミリ程度の異論を表明したりするのだが、しかし、効果は薄い。最近になって、山口がモリカケ追及の野党の正義を批判するという、信じがたい発言が飛び出し、それがネットで炎上している。


「安倍支持やめろ」の大合唱
 公明党が連立を解消すれば、その瞬間、安倍内閣は退陣に追い込まれる。やくざと同じで、捕まえた相手を決して離さない。権力を手離すと、天罰が落ちてくると信じているのかもしれない。


「ともかく安倍支持をやめろ、の合唱で、むしろ、安倍退陣に力を入れろに集中している」というのである。権力は手放したくないが、安倍との関係を清算しろ、が公明党員・創価学会員の正論というのである。

 それには、ショウコウの首をはねることが先決だし、山口執行部も辞職に追い込まれることになろう。信濃町は、安倍晋三同様に、正念場に立たされている。


まか、根がそうなんだろうから、もうどうしようもない。学会員は公明党の支持をやめるべきである。政教分離なんですぞ。
や案口ではよう自民からは離れられない。つまり心中ということである。

<p>励みになります、こちらへもよろしく</p>
<p><a href="//politics.blogmura.com/international/ranking.html"><img width="88" height="31" alt="にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ" src="//politics.blogmura.com/international/img/international88_31.gif?dummy=1497125858228" border="0"></a><br>
<a href="//politics.blogmura.com/international/ranking.html">にほんブログ村</a></p>